ポケモン

ポケモンカフェ「ピカチュウのふわふわしっぽパンのクラフトサンドイッチプレート」をご紹介

ポケモンカフェで食べられる「ピカチュウのふわふわしっぽパンのクラフトサンドイッチプレート」をご紹介します。
再開したピカチュウグリーティングについても書いています!

ポケモンカフェについて

ポケモンカフェ概要

ケモンカフェは、ご存じポケモン(ポケットモンスター)の料理が食べられるカフェ。

https://www.pokemoncenter-online.com/cafe/

現在は東京都の日本橋、大阪府の心斎橋に1店舗ずつあります。

ポケモンカフェ東京・日本橋(2018年3月開店)
東京都中央区日本橋二丁目11番2号 日本橋髙島屋S.C.東館 5階

※同フロア内にポケモンセンタートウキョーDXがあります

ポケモンカフェ大阪・心斎橋(2019年9月開店)
大阪府大阪市中央区心斎橋筋1-7-1 大丸心斎橋店 本館9階

※同フロア内にポケモンセンターオーサカDXがあります

ポケモンカフェは常設カフェです。料理だけでなく、お店の内装、スタッフの服装なども含めてポケモンの世界観を1年を通して楽しめるつくりになっています。

東京、大阪、どちらも、由緒ある百貨店の中にあり、大きいポケモンセンターが併設されている点は共通しています(公式webでも、東京日本橋店、大阪心斎橋店の様子を少しだけ見られます)。

私はポケモンの商品をいつも追いかけているわけではないのですが、応援しているイラストレーターの方がコラボしていることが多く、ポケモンには少なからず親しみがあります。

ナガノ先生(ナガノのくま、ちいかわ)

カナヘイ先生(カナヘイの小動物、ピスケとうさぎ)

高橋きの先生(ねこのぶーちゃん)

メニュー

ポケモンカフェでは常設のメニュー(フード、スイーツ、ドリンク、選べるラテ)に加えて、期間限定の様々なメニューが提供されています。
詳細はポケモンカフェ公式webでご確認ください。

常設メニュー(2022年5月確認)

フード

みんなだいすき!ピカチュウプレート
みんなメロメロ♡イーブイプレート
カビゴンのまんぷくお昼寝ランチプレート

スイーツ

Pokémon Cafeのピカチュウスフレパンケーキ
Pokémon Cafeのベリーチョコレートパフェ
キミにきめた!!モンスターボールのデザートボウル

ドリンク

サルノリのバニラクリームソーダ
ヒバニーのバニラクリームソーダ
メッソンのバニラクリームソーダ
こんにちはイーブイ!ロイヤルミルクティー ~ふんわりしっぽのフィナンシェ付き~
ポットデスとヤバチャのおちゃかい!フルーツティーセット 〜アップル味〜
ポットデスとヤバチャのおちゃかい!フルーツティーセット 〜ストロベリー味〜
ゲンガーのあやしいひかりスムージー
メタモンのへんしんフルーツティー
ふりふりミックスオレ ベリー
ふりふりミックスオレ チョコ
ココア(HOT or ICE)
オリジナルカップ付ドリンク Pokémon Cafe
オリジナルカップ付ドリンク ピカチュウ
コーヒー(HOT or ICE) ピカチュウのしっぽクッキー付

選べるポケモンラテ

※ラテアートの柄を好きなポケモンにできるラテです
選べるポケモンラテ(HOT or ICE)
選べるポケモンラテ カフェモカ(HOT or ICE)
選べるポケモンラテ キャラメル(HOT or ICE)

スペシャルメニュー(期間限定メニュー)

2022年6月時点の期間限定メニューです。

ポケモンカフェキッズプレート 〜ピカチュウハンバーガー〜
ピカチュウのふわふわしっぽパンのクラフトサンドイッチプレート
カビゴンのとおせんぼうパンケーキ 〜チョコソース付き〜

ポケモンカフェは完全予約制

ポケモンカフェは東京日本橋、大阪心斎橋どちらも完全予約制。

利用人数によって使用できるテーブルが決まっていて、31日先までのカレンダーから、該当するテーブルの空席がある日、時間帯が表示されるようになっています。
(当日キャンセル待ちもあるのですが、空席ができるかも不明なので、あまりお勧めできません)

ポケモンカフェの様子(東京日本橋)

今回訪問したのはポケモンカフェ東京日本橋

前回までのレビューは、ポケモンカフェ大阪心斎橋を訪問して作成していました。
(ページ最下部にリンクをまとめています。大阪にも「日本橋」と呼ばれる地域があるので、大阪の方には東京日本橋という店名は少し混乱しますね)

ポケモンカフェ東京日本橋は、東京都中央区にあります。
最寄り駅は東京メトロ銀座線・東西線「日本橋駅」(または都営地下鉄浅草線「日本橋駅」)か、JR東京駅。
(日本橋駅の方が近いです)

ポケモンカフェ東京・日本橋(2018年3月開店)
東京都中央区日本橋二丁目11番2号 日本橋髙島屋S.C.東館 5階

※同フロア内にポケモンセンタートウキョーDXがあります

住所に「日本橋髙島屋」とある通り、ポケモンカフェ(&ポケモンセンタートウキョーDX)は老舗デパート、髙島屋の中にあります。

髙島屋の本社所在地は大阪府ですが、日本橋髙島屋は関東のフラッグシップ店舗(他には新宿、横浜などに店舗があります)。
1932年に完成した日本橋の本館(本館、新館、東館があります。ポケモンカフェがあるのは東館)は、国の重要文化財にもなっています。

ポケモンカフェがあるのは日本橋髙島屋、東館の5階。
直通のエレベーターを使うと、すぐにポケモンカフェとポケモンセンターの中間にある広場に到着します(左側に見えるのが、ポケモンカフェの入口)。

大きなスペースを取って佇むカビゴン、ピカチュウ、ミュウと、代表的なポケモンたち。

反対側を振り返ると、ポケモンセンタートウキョーDXがあります。

右奥の通路には歴代のポケモンのゲーム画像を展示している場所があり、一等地(東京都中央区)にあるポケモンセンターでも、雰囲気づくりを怠らないのは素直にすごいと思います。

ポケモンカフェも、入口から木を基調とした壁になっていて、暖かい雰囲気があります。

予約時間の10分前になったら、お店の方の案内でお店の中へ。
ポケモンセンターが隣接しているので、少し早くついても待ち時間には困らないのが良いところですね。

まず見えるのは物販と会計のスペースで、その奥にカフェスペースがあります。広々としている!

(気が早いですが)会計待ちの立ち位置にはピカチュウの足跡。

お店の中はポケモン一色。
イーブイがいるテーブルの反対側にはピカチュウもいますが、他の方が写ってしまうので割愛しています。

「ガラル御三家」と呼ばれるサルノリ、ヒバニー、メッソン(ポケットモンスター ソード・シールドで最初に選択するポケモン)もがいました。

この辺りのポケモンの選定は、大阪心斎橋と似ている様です。
感染防止用に設置された仕切りもピカチュウ柄でかわいいです。

お店の中央、窓枠の様になっているところでカビゴンが寝ています。
今回写真で紹介できているのはカフェの半分で、このカビゴンの奥にも、同じくらいの広さのスペースがあります。

撮影用に、ウェイトレスピカチュウ、シェフピカチュウと椅子が並んだ場所もありました。

ポケモンがいない壁際も、モンスターボール柄の装飾があり、雰囲気は統一されています。

オーダーはタブレットで

(この部分は大阪心斎橋の写真を使用しています)

席につくと、注文用のタブレットが置かれています。
1席に1枚ずつ、A3サイズのランチョンマットも敷かれています。

隣に置かれているのは、ウェイターの方に頂いた「おいしいみず」。おいしいみずは、ポケモンで定番の回復アイテム。
ポケモンの世界に入り込んだ気持ちになれる、とても嬉しい心遣いですね。

タブレットには、ポケモンカフェ仕様のとてもかわいいカバーがついています。

予約時間は90分で、60分までなら、好きなタイミングで追加オーダーできます。
コラボカフェでは追加注文できないことが多いので、余力に合わせてあとからドリンク、デザートを追加できるのは嬉しいですね。
(ラストオーダーの時間は予約した時間により異なることがあります)

カトラリーもポケモン

各席にはスプーン、フォークのカトラリー類がまとまって入った箱が置かれています。
柄にピカチュウのイラストが施されていて、これもとてもかわいいです。

このカトラリー類は販売されているので、気に入った場合は自宅でも使えます。恐るべしポケモンカフェ。

新メニュー ピカチュウのふわふわしっぽパンのクラフトサンドイッチプレート レビュー

今回は「ピカチュウのふわふわしっぽパンのクラフトサンドイッチプレート」をご紹介します。

2022年3月から3つの新メニューが登場しています。

https://www.pokemoncenter-online.com/cafe/menu/

ポケモンカフェキッズプレート ~ピカチュウハンバーガー~ 税込み1,078円
ピカチュウのふわふわしっぽパンのクラフトサンドイッチプレート 税込み1,738円
カビゴンのとおせんぼうパンケーキ ~チョコソース付き~ 税込み1,958円

1つ目の「ポケモンカフェキッズプレート」は新しい食器「お子様ランチプレート」を使った子ども向けのメニューです。

2つ目の「ピカチュウのふわふわしっぽパンのクラフトサンドイッチプレート」は、キッズプレートと同じプレートを使いつつも誰でも注文できる「おおきいおともだち」向けのメニューで、ピカチュウのしっぽの形をした大きなパンが特徴。

※「お子様ランチプレート」は店頭で購入することもできます

キッズプレートは(多分)注文できないので、今回は大きいお友達向けの「ピカチュウのふわふわしっぽパンのクラフトサンドイッチプレート」を選択。

まず目につくのが、しっぽ形のパン!一目見た印象は「黄色い!」でした。
想像より黄色く、ピカチュウの色に限りなく近づけてあるのがわかります。

下には、食べるときにパンを包むための紙。
こちらもポケモンカフェ柄で、使うのがもったいない!

キッズプレートに載せられた、色とりどりの具。

ポテトサラダも、にんじんも、ピカチュウの形にアレンジされています。
(ポテトサラダの耳になっているチップの先が黒くしてある細かな気遣い)

横に添えられた卵焼きまでピカチュウのしっぽの形!
ポケモンカフェはこういった点の芸が細かいです。

豊富な具から、好きなものをしっぽパンにはさんで、頂きます。
お肉、野菜など、色とりどりの具材から選べるので、自然とパンもカラフルになります。

思ったより弾力があるパンで、歯ごたえがあっておいしい!
大きさもあるので、付属のペーパーは必須です。

モンスターボール型のカップに入ったスープも飲みながら……

ピカチュウのしっぽパンに挟めなかった具たちはそのまま食べることになりますが、それぞれ味付けされているので、飽きることなく最後まで楽しめます。

パンにはさむ工程が楽しく、童心に還った気持ちで満喫できるメニューでした。

再開したピカチュウグリーティング

ポケモンカフェのもう一つの醍醐味にピカチュウグリーティング(ピカチュウがお店に遊びに来てくれるイベント)があります。
これまで新型コロナウイルス感染防止の観点で休止されていたのですが、2022年5月に訪問したところ、再開していました!

お店の方の丁寧な前置きの後に登場したのは、ウェイトレスピカチュウ。
(シェフピカチュウが遊びに来てくれることもある様です)

事前の説明の中で、子どもだけでなく「おおきいおともだち」もはしゃいで良いことを暗に伝えてくれます。
実際、夜の時間帯だったこともあってか、ほとんどの方が「おおきいおともだち」でした。

どの席にもシャッターチャンスが来るように店内を歩き回りながら挨拶してくれるピカチュウ。
(ただし段差に弱い)

腕と状態を大きく動かしておもてなししてくれます。
動く度に身体が弾んでいて、とても柔らかそうな印象を受けました。

カビゴンがいる窓枠の様なスペースも活用して、来訪者を楽しませるピカチュウ。

ピカチュウはしっぽの先の形で性別を見分けられます。
ウェイトレスピカチュウはメスでした。

上の写真はお店の方がピカチュウの頭についたゴミを取っているところで、愛を感じた瞬間でもありました(料理のかわいさよりも、こういうところに感動しがちです)。

ポケモンカフェの予約は6つの時間帯に分かれていますが(2022年5月時点)、ピカチュウはすべての時間帯に1回ずつ遊びに来てくれます。律儀!

たまたまですが、ドリンクを頼むと貰えるコースターもウェイトレスピカチュウでした。

まとめ

ポケモンカフェのメニューから「ピカチュウのふわふわしっぽパンのクラフトサンドイッチプレート」(名前が長い)をご紹介しました。

東京日本橋のポケモンカフェは初めての訪問でしたが、料理の見た目、味はもちろん、お店の方のおもてなしなど、雰囲気も含めて大阪同様に高いクオリティが保たれていて、安心して楽しめました。今回は初めてのピカチュウグリーティングも加わり、倍楽しめています。

メニューは東京日本橋、大阪心斎橋で共通なので、ご紹介したメニューはどちらの店舗でも楽しめます。

これまでご紹介したポケモンカフェの記事をまとめました。








一番のおすすめは、暑い時期に最適な「ゲンガーのあやしいひかりスムージー」です。

-ポケモン
-, ,

Copyright© 君に逢えてフォカッチャ , 2022 All Rights Reserved.