ナガノのくま・ちいかわ

[ナガノのくま] 韓国で愛されるくま! 담곰이 카페(damgomeカフェ)の様子をご紹介

2024-06-16

韓国で開催されているdamgome(ナガノのくま/自分ツッコミくま)のコラボカフェの様子をご紹介します。

damgomeカフェ イベント概要

ちいかわの作者、ナガノさんのもう一つの代表作、ナガノのくま自分ツッコミくま)。
韓国では「담곰이damgome)」と呼ばれ、徐々に人気が高まっていることをご存じでしょうか。

2024年5月~8月の期間、韓国ソウルにて、コラボカフェ「담곰이 카페(damgomeカフェ)」が開催されています。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

팝퍼블_Popable_cafe(@popable_cafe_)がシェアした投稿

開催期間:2024年5月24日~8月18日
営業時間:10:30~22:00(ラストオーダー20:30)
開催場所:現代百貨店 新村店 U-PLEX 地下1階 popable
住所:ソウル特別市 西大門 新村路83
web (instagram):https://www.instagram.com/popable_cafe_/
web (X):https://x.com/popable_01

ナガノのくまを愛する皆さんならご存じの通り、ナガノのくま(自分ツッコミくま)のコラボカフェは数年開催されていません。
つまり、このコラボカフェは韓国オリジナルということになります。

オリジナルメニューの数々

韓国オリジナルということは、メニューもオリジナル。

Instagramの下記投稿(2ページに渡って記載)が参考になります。
(メニューの文字もすべてナガノさんの手書き文字の様になっているところがいい)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

팝퍼블_Popable_cafe(@popable_cafe_)がシェアした投稿

ドリンクメニュー(1ページ目)

くま チョコスムージー(7,300ウォン)
パグ 黒糖ラテ(7,000ウォン)
くま ヨーグルト(7,000ウォン)
もぐらコロッケ 黒糖ミルクティー(7,800ウォン)

デザートメニュー(2ページ目)

ロリポップクッキー(くま/パグ/もぐらコロッケ)(各6,500ウォン)
くま バーガークッキー(8,500ウォン)
くま ごはんカステラ+ボウルセット(25,800ウォン)
くま&パグ サンドイッチ(12,500ウォン)
くま チョコドーナツ(6,800ウォン)
くま&パグ パフェ(9,800ウォン)

※上記の「くま」と書かれている部分は、すべて「당공이(damgome)」の訳です

created by Rinker
¥1,089 (2024/07/14 19:06:17時点 Amazon調べ-詳細)

damgomeカフェの様子 

イベントの情報を聞きつけ、慌てて手はずを整えて参加してきましたので、その様子をご紹介します。

イベントが開催されている現代百貨店 新村店U-PLEXは、ソウルにある新村駅(신촌、Sinchon)から徒歩2分程度の場所にあるショッピングモール。
すぐ近くに現代百貨店 新村店があり、その別館の様な位置づけです。

「現代」という名前からもわかる通り、日本では自動車の製造販売を行う企業として有名な現代(ヒュンダイ)と関係があります(元は同じ「現代グループ」に所属)。

damgomeカフェは、期間中10:30から営業しています。
※後述しますが、入店するには開店前から並んで予約し、順番待ちする必要があります。テイクアウト含め、飛び込みでの入場はほぼ不可能です。

店内の様子

現代百貨店 新村店U-PLEXで地下1階を訪れると……

通路にDamgomeカフェのディスプレイが登場。

店内に入ると……大きなくまとパグ、もぐコロのパネル!

賑わってる!

カフェはオープンなスペースに設置されているので、外からでも様子を眺められるようになっています。

別角度。柵の至る所にくま達が飾り付けられています。

イベントのために描きおろしされたと思われるイラストがたくさんあってうれしい!

コラボメニュー

カフェに入るには、当日朝に並んで予約した後、自分の順番を待つことになります。

入店後は、まずは空いている席を確保……(ちょうど皆さん、注文をしに席を立っている状態)

席もコラボカフェ仕様!

カウンターまで行き、欲しいメニューを注文(+支払い)。

レシートに番号が書かれているので、番号がモニタに表示されるまで待機。

たくさん頼みました(笑)

こちらはくまとパグのサンドイッチ。

くまとパグの2枚あるのでボリュミーなメニューです。

くま ごはんカステラ+ボウルセット。
ごはん風に盛り付けられたカステラは、すごくこぼれやすいので注意です。

ボウルはちょうど、日本のごはんのサイズ。裏側にも、イラストと「Damgome cafe」の文字が入っています。
こちら、プラスチック製を想像していたのですが、なんと陶器製。食べた後は、そのまま持ち帰りして、自宅で使えます。

ちなみに、中身はおそらくスイートポテト(?)が詰まっているので、想像より食べ応えがあります。

ドリンクも2つ頼みました。

もぐらコロッケの黒糖ミルクティーの上には、串刺しにされたもぐコロが3匹。

それぞれ球体になっているかと思いきや、実は半球(笑)。

くまのヨーグルト。
まさに「飲むヨーグルト」の上に、ホイップクリームが載っています。

専用のカップがうれしい!(おそらく購入できません)

くま&パグのパフェ。

パフェの上に載っているくまとパグのプレート。
日本のコラボカフェではもなか(最中)が使われることが多い印象ですが、韓国のカフェではチョコレートで作られていました。(くまのヨーグルトの耳もチョコレート)

アイスがたくさん載っているので、くまとパグのチョコもパキッとした食感を楽しめます。

旗もうれしい!

添えられた紙ナプキンにもプリントが入っていて、カフェの気合を感じます。

スタンプラリーでグッズを貰う

注文すると、番号が書かれたレシートに加えて、「うちわ」(プラスチック製なのがうれしい)と、スタンプラリーカードが貰えます。

1つめ「メニューを注文」は最初からクリアした状態で開始しています。

実際のミッションは2つめ「2万ウォン以上購入」から。といっても、こちらはカフェのメニューの金額を含むので、難なくクリア。

3つめのミッションは、「ハッシュタグをつけてSNSに投稿」。

※下のハッシュタグは間違えています(「#당공이」ではなく「#담곰이」が正しい)

投稿した画面をカウンターで見せると、しおり風のカードとステッカーが貰えました。
(おそらくお店の方は間違ったハッシュタグにも気づいていたと思われますが、何も言及せずに対応して下さいました)

当日の入店までの流れ

前述したとおり、damgomeカフェは大人気で、平日であっても当日飛び込み入店はできません。

popableカフェは、Xにて当日の予約状況をアナウンスしています。
下記投稿は平日の午後1時頃に出されたもので、当日分の予約が終了したことを示しています。

(意訳:本日の現場待機予約は締め切りとなりました)

カフェはオープンよりも前に、平日9:30、土日祝9:00に並んでいた人から順に予約できる様になっています。

下の写真は、土曜日の受付開始前の様子。開始前でもこれくらい混んでいます。

確実にカフェに入店するためには、時間前から並ぶ必要がありそうです。

また、予約の際に大事なのが「韓国の電話番号が必要」ということ。
日本居住者の方の場合、電話番号付きのSIMカードを契約して臨む必要があります。

韓国ではお店の予約時に電話番号を使うことが一般的とのこと。
今回のコラボカフェでも、現在の待機人数などの連絡をSMSを使って受け取る様になっています。

韓国での呼び名について

ナガノのくま(自分ツッコミくま)が韓国に登場したのは、実は今回が2回目。

2018年、日本では「自分ツッコミくま」という名前で展開されていた頃に농담곰NONGDAMGOM)という名前で韓国の展開を開始。

カカオトークで人気絵文字ランキングに入るなど人気があったのですが、別の理由から2021年1月に展開を終了しています。
その時のナガノさんの投稿がこちら。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ナガノ(@ngntrtr00)がシェアした投稿

訳文:必ず戻ってくるのでお待ちください。BFLATと韓国の皆さんを愛しています。
※:BFLATは、当時、韓国でのサービスを展開していた会社の名前です

時を経て「담곰이damgome)」という名前で再登場してから、既にカカオトークでも人気になっている様です。

담곰이damgome)」は、日本語だと「タンゴミー」という発音に近い様な気がします。

参考:2種類のサイトでの「담곰이」読み上げ結果

Google翻訳「담곰이」

papago「담곰이」

まとめ

韓国で開催されているdamgomeカフェの様子をご紹介しました。

コラボカフェを訪問してうれしかったのが、韓国でもくまが愛されていること。

下の写真はクレジットカードサイズのカードを購入できる自販機なのですが、偶然映り込んだ方(自販機の右)がくまのぬいぐるみを抱きしめながら待っています。
こういった様子は全く珍しくありません。

カフェ前のパネルと一緒に撮影したり、ぬいぐるみを持参して料理と合わせて写真を撮ったりしている方もたくさんいます。

(カフェの片隅にある、持参のグッズを使える撮影スポット)

ちいかわのキャラクターのグッズを持参している方も多く、담곰이damgomeナガノのくま)、먼작귀(ちいかわ)、どちらも共通の作者として認識されている様です。

カフェの内装も凝っていて、くま達が愛されている様子も含めて、何度も通いたくなる、素敵な空間でした。

(パグさんがうれしそうで良かった)

 

韓国の記事はあと2つくらい掲載する予定です。

その他のくまのむちゃうま日記/MOGUMOGU食べ歩きくまの記事

くまのむちゃうま日記/MOGUMOGU食べ歩きくま関連の記事は、タグを付けてまとめてあります。

created by Rinker
バンダイ(BANDAI)
¥6,400 (2024/07/14 23:58:24時点 Amazon調べ-詳細)

ナガノのくま・ちいかわ関連記事

ナガノさんデザインのゆるキャラ「志武士ししまる」(鹿児島県志布志市)

ちいかわ東京駅イベント

まじかるちいかわ(2022年)


ちいかわ観光ステーション(2022年)

東京ちいかわステーション(2021年)

ちいかわらんど

ちいかわカフェ(第1弾)

その他ちいかわイベント

マリオンクレープコラボ(2022年)

ちいかわ書店(2022年)

ちいかわ焼き(2021年~2022年)

MOGUMOGU食べ歩きくま

第1回 高尾山(東京都)

第2回 浅草(東京都)

第4回、5回 台湾

第6回 上野(東京都)

第7回 横浜中華街(神奈川県)

第11回 江ノ島散歩(神奈川県藤沢市 江ノ島)

第14回 雪のスカイツリー(東京都)

第15回 週末いきなり北海道(北海道)

第17回 週末日帰り仙台(宮城県)

第19回 朝も早くに豊洲市場(東京都)

第21回 お台場でカレーの名店(東京都)

第22回、23回 うまいよ福岡(福岡県)

第26回 下町いいよね(東京都)

くまのむちゃうま日記

りくろーおじさん

よこはま動物園ズーラシア

山本屋総本家

タカセ

カルディ(ハロウィンおばけわたがし)

代官山Candy apple

Nagano's characters展(ナガノ展)

自分ツッコミくま第1弾カフェ

自分ツッコミくま第2弾カフェ

  • この記事を書いた人

HN

キャラクター記事全般を担当しています。

-ナガノのくま・ちいかわ
-, ,