ナガノのくま・ちいかわ

[自分ツッコミくま] MOGUMOGU食べ歩きくま「雪のスカイツリー」編のお店を探訪①

2021-12-25

MOGUMOGU食べ歩きくま2巻 雪のスカイツリー編の舞台を探訪してきました。

MOGUMOGU食べ歩きくま

ナガノさんの連載作品「MOGUMOGU食べ歩きくま」はPC、スマートフォンアプリ上で漫画が読めるDモーニングのコンテンツの1つとして配信されていました。
(連載は2020年、3巻分までの掲載をもって一旦終了しています)

1巻が2019年1月に、2巻が2019年11月、3巻(最終巻)が2021年8月に発売されました。
紙の単行本、Kindle版共に発売中です。

そのうち、2巻の第4回は東京スカイツリー(東京都墨田区)周辺を食べ歩く回です。

※「MOGUMOGU食べ歩きくま」をお持ちの方を対象にしています。Twitterで掲載された部分を除き、本の内容を画像で紹介することは行いません。

created by Rinker
MORIPiLO
¥2,200 (2022/12/08 20:03:33時点 Amazon調べ-詳細)

東京スカイツリー周辺

MOGUMOGU食べ歩きくま「雪のスカイツリー」編で紹介された場所は東京都墨田区、東京スカイツリーの周辺です。

東京タワーに代わる新しい電波塔として建てられた東京スカイツリーはとても新しい印象があるのですが、調べてみるとオープンは2012年。この記事を書いている時点で既に9年が経過していました。
(MOGUMOGU食べ歩きくま での掲載は2019年です)

訪問したお店の地図(雪のスカイツリー)

「雪のスカイツリー」編で紹介されたお店を地図にまとめました。
(「緑色の星」がご紹介しているお店です)

こぐま(焼きカレー、あんみつ玉)
世界のビール博物館(ミュージアムビールセット)
※今回、お店をご紹介しているのはこぐまのみです

目印として、曳舟駅(東武鉄道)京成曳舟駅東京スカイツリーにっこり公園にもマークを付けています。

東京スカイツリーに直結している最寄り駅は東京スカイツリー駅(東武伊勢崎線)、押上駅(京成押上線、都営地下鉄浅草線、東京メトロ半蔵門線、東武伊勢崎線)の2つ。

ナガノさんの旅の起点となったのは東武鉄道の曳舟駅(ひきふねえき)で、押上駅と1駅離れています。
隣接するショッピングモール、レストランが豊富にある東京スカイツリーを目的にしつつも、あえて1駅離れた曳舟の古民家カフェ こぐまを食事場所に選定していますので、ナガノさんの期待も高いと推察できます。

曳舟駅は2つあり、東武鉄道の曳舟駅京成電鉄の京成曳舟駅があります。(東武鉄道の方が、MOGUMOGU食べ歩きくまで描かれている方の駅です)
京成曳舟駅から曳舟駅までは徒歩4分(Googleマップ調べ)と少しだけ離れています。

東京スカイツリー周辺のお店探訪

「雪のスカイツリー」編では、こぐま(焼きカレー、あんみつ玉)、世界のビールミュージアム(ミュージアムビールセット)の2つのお店が登場しますが、この記事ではこぐまのみご紹介します。

世界のビールミュージアムもご紹介しようと思っていたのですが、ビール5種類の量がかなり多そう(笑)だったので、今回は見送っています。
その代わりに、曳舟駅、にっこり公園などの途中のランドマークをご紹介します。

こぐまは曳舟駅(東武鉄道)から徒歩8分の場所にある古民家カフェです。
世界のビールミュージアムは東京ソラマチ(東京スカイツリーの麓にあるショッピングモール)の7階にあるビアホールです。

曳舟駅(東武鉄道)

「雪のスカイツリー」編でナガノさんが旅の起点にしたのは、東武鉄道の曳舟駅

MOGUMOGU食べ歩きくま(2巻4話)の1コマ目と比べて見ると・・・全然違いますね(笑)

というのも、曳舟駅が漫画で紹介された時期は、ちょうど改装中でした。現在は改装を終えて、見た目が大きく変わっています。
辛うじて写真右下、植木周辺のブロックが同じだと思われる程度。

その観点で見直してみると、漫画では周囲に鉄パイプの骨組みなどがあり、工事中であることが伺えます。
Dモーニングに「雪のスカイツリー」編が掲載されたのは2019年3月、改装後に駅ビルのショッピングモールEQUIA曳舟(エキアひきふね)がオープンしたのが2019年5月ということなので、間違いなさそうです。

にっこり公園(曳舟児童遊園)

寒い中、曳舟駅を出発したナガノさん(珍しく防寒着を着ている)。
漫画では東京では珍しい雪が降る日(おそらく1~2月頃)だった様ですが、私が訪問した時は12月の晴れた日でした。

移動中に現れる「にっこり公園」。
たった2コマですが、こぐままでの道のりで出会えるのは間違いなさそうです。

駅を出て北に向かうと、1分くらいで着く小さな公園が、にっこり公園です。

漫画と同じアングルにしたつもりでしたが、もう少し左に寄って斜めから撮影すべきでした。

にっこり公園とありますが、これは通称。正式名称は曳舟児童遊園(ひきふねじどうゆうえん)。
Googleで「にっこり公園」と検索しても曳舟児童遊園が出てくるので、どこかのだれかが「にっこり公園」でも登録して下さったのでしょう(笑)

こぐま(焼きカレー、あんみつ玉)

その後、7分ほど歩いてこぐまに向かいます。

スカイツリーまでは1kmと少し離れているのですが、さすがに高さ634mあるだけあり、所々で視界に入ってきます。

少し入り組んだ住宅街の中、茶色いトタンで覆われた古民家がありました。

表側に回って、これが目的地にしていたこぐまです。
(この通りになると、お店が増える)


こぐま
住所:東京都墨田区東向島1-23-14
Web:https://ko-gu-ma.com/
Twitter:@koguma_koguma
※火・水定休

ずっと楽しみにしていた、こぐま(子熊)の看板!

こぐまは昭和2年(1927年)築の薬局をリノベーションしたカフェで、使われている木材が古い建築物であることを特徴づけています。
漫画の赤い看板の様なものはPayPayの宣伝でした(笑)

入り口横にあるメニューも、建物の雰囲気を壊さない様になっています。
今回挑戦する焼きカレーはテイクアウトもできる様になっていました。

”ノスタルジックな雰囲気”の店内。照明の色も統一されています。
学校で使われていたと思われる机、椅子を再利用している様です。

手作り感のある台紙に貼られたメニュー。
もちろんナガノさんと同じく、焼きカレーあんみつ玉ホットココアを注文しました。

焼きカレー

そして届いた焼きカレー(税込み1,050円)。今日はこのために来たんだ!
漫画と全く同じ配置に感動します。

机は2人が向かい合って使うとお盆が2つ載るちょうど良い大きさでした。

「おてふき」も少し古めかしく感じる(笑)

まだぐつぐつしているカレー。
卵が載っていると、グレードが1つ上がる気がします。

カレーというよりは、ドリアの様な印象でしょうか。ごはんにも味付けされています。
調理法から水分少なめの”メチメチ”した食感になっています。

ちょっとわかりにくいですが、卵の上に載せて撮影したひよこ豆。
たくさんのひよこ豆が入っていて、一辺倒になりそうな焼きカレーのバランスを整えてくれています。

卵の半熟度合いも好みで、すごくおいしかった!

あんみつ玉とホットココア

あんみつ玉ホットココアも、漫画と同じ配置で届く嬉しさ。

ココアのスプーンをずらすと、マグカップ、ソーサーにセットで「こぐま」のマークが描かれていることがわかります。

ふわふわの泡。一瞬、これもこぐまの柄かと思いました(笑)

きれいな見た目のあんみつ玉。
白いお皿の上に更に透明なお皿が載っていて、その中にあんみつ玉が入っているので、あんみつ玉の透明な部分が際立つ様に感じます。

みつも付いていますが、たくさんフルーツが入っているのでこれだけでも甘くておいしい。
漫画にもありますが、残りが少なくなってくると、ゼリーをすくうのが難しくなってきます。ちょっとこぼしそうになることもあるので、その点でも下に白い皿があるのが役立ちます。

すべるゼリーと格闘していと、古い掛け時計が「ボーン・・・」と音を聞かせてくれました。
私も充実した時間を過ごせました。

世界のビール博物館

こぐまを出たあとは、スカイツリーへ向かいます。
ナガノさんは曳舟駅に戻って押上まで電車移動したと思われますが、距離もあまり長くないので、今回は歩いてみることに。

建物の隙間から見えるスカイツリーがどんどん大きくなっていくのが面白いです。

すぐ近くまでくると、見上げる角度も大きくなり、地面と一緒に収めるのが難しくなります。

スカイツリーの麓、東京ソラマチの7階へ行くと、世界のビール博物館がありました。
思っていたより大きなお店で、100席以上ある様です。


世界のビール博物館 東京スカイツリータウン・ソラマチ店
住所:東京都墨田区押上1-1-2 東京スカイツリータウン・ソラマチ7F
Web:http://www.world-liquor-importers.co.jp/sp/index.html

ナガノさんが頼んだのは、ミュージアムビールセット(2,950円)。
イギリス、ドイツ、アメリカ、チェコ、ベルギーのドイツ(銘柄は日替わり)が一度に楽しめるセットです。

http://www.world-liquor-importers.co.jp/sp/menu01.html

普段あまり飲まないのと、ビール5杯・・・をこなせる気がしないので、今回は見送ることに(笑)

一緒に頼んだ肉の盛り合わせは「ドイツ 冷製ソーセージの盛り合わせ」でしょうか。
確証はないのですが、webメニューでは他にそれらしいメニューが見当たらないことと、ドイツビールと合わせて飲んでいることから、これだと推察しています。

http://www.world-liquor-importers.co.jp/sp/menu03.html

まとめ

MOGUMOGU食べ歩きくま 2巻 雪のスカイツリー編のお店をご紹介しました。

・・・と言っても、ちゃんとご紹介できたのはこぐまだけで、少し中途半端になってしまいました。
店内の雰囲気、美味しい料理、どちらも素敵なお店で、東京スカイツリー目的でない場合も訪問する価値があるお店だと思います。
訪問の際は、営業日(火・水定休)だけお気を付けください。

やたらと写真を撮っていたのは私だけだったので(笑)、常連の方が多いのかもしれません。

その他のくまのむちゃうま日記/MOGUMOGU食べ歩きくまの記事

くまのむちゃうま日記/MOGUMOGU食べ歩きくま関連の記事は、タグを付けてまとめてあります。

created by Rinker
エンスカイ(ENSKY)
¥1,420 (2022/12/09 02:34:15時点 Amazon調べ-詳細)

自分ツッコミくま関連記事

ナガノさんデザインのゆるキャラ「志武士ししまる」

第1弾カフェ「自分ツッコミくまカフェ」



第2弾カフェ「喫茶自分ツッコミくま CAFE&BAR」




-ナガノのくま・ちいかわ
-,