カナヘイの小動物

[カナヘイの小動物] 那須ゆるっとテディベア・ミュージアム(Part2、2020年)に訪問!(ぬいぐるみ展示編)

2020-10-06

2019年に開催された「カナヘイの小動物」とテディベアミュージアムのコラボイベント、ゆるっとテディベアミュージアムのPart2(那須、2020年9月~2021年3月)に訪問してきました!

2020年イベント概要

今回のイベントは、伊豆テディベアミュージアム(静岡県伊東市)、那須テディベアミュージアムで開催されていたゆるっとテディベアミュージアムの続編(Part2)です。

https://kanaheis-small-animals.jp/news/2020/07/129/

開催場所:那須テディベアミュージアム(栃木県那須郡那須町高久丙1185-4)
開催期間:2020/08/29~2021/03/10
URL(カナヘイの小動物):https://kanaheis-small-animals.jp/news/2020/07/129/
URL(那須テディベアミュージアム):http://www.teddynet.co.jp/nasu/

前回はぬいぐるみを作っていたピスケ&うさぎですが、今度はクッキー作りに挑戦する模様。

ぬいぐるみを主としたグッズもたくさん展開されています。

・うさぎがつくったクッキー ボールチェーンマスコット
・ピスケがつくったクッキー ボールチェーンマスコット
・クッキーとピスケ
・クッキーとうさぎ
・ピスケとトピアリー
・うさぎとトピアリー
・ゆるっとテディベア・ミュージアムBOOK①②

”品切れの際、ご希望の方には代引きにて商品の再生産が済み次第、商品を配送いたします。”との記載もあり、訪問した方は必ず購入できる様に配慮されている様です。

那須テディベアミュージアムまでの行き方

那須テディベアミュージアムのHPに簡単な交通案内が掲載されています。

お車でのご来館の場合
東京から東北自動車道で、那須インターより約10分(りんどう湖近く)
東北自動車道~那須(那須I.C)より車で10分

電車でのご来館の場合
東京から那須塩原(東北新幹線)=約1時間15分
東京から東北新幹線で「那須塩原駅」下車、車で約30分

東京から黒磯(東北本線)=約3時間
東京から東北本線で「黒磯駅」下車、車で約20分

以前は那須・塩原号という高速バス(バスタ新宿~友愛の森)が一日に何本か出ていたのですが、現在は本数が限定されており、バスを使用しての日帰り往復は難しそうです。

ということで、行き方をいくつか調査してみました。

①新幹線+レンタカー(日帰り可)

新幹線で那須塩原駅まで移動し、駅近くでレンタカーを借りてテディベアミュージアムまで往復する方法です。
今回、私はこちらの方法を使用しました。

新幹線で那須塩原駅まで移動

那須塩原駅JR東北新幹線の駅で、東京駅からは新幹線で1時間10分程度かかります。金額は自由席で往復10,980円から。

那須塩原駅からレンタカーでテディベアミュージアムまで移動

那須塩原駅近辺にはたくさんのレンタカー会社があり、安いものだと、12時間2,100円(コンパクトカー)から借りられるものがありました。
※免責保証を付けたので合計3,200円でした

楽天レンタカー(那須塩原駅 周辺のレンタカー店舗一覧)

那須塩原駅からテディベアミュージアムまでは交通量も少なく、コースも簡単でした。
運転に慣れていない方でも問題ないと思われます。

JR東日本のえきねっとで、Go Toトラベル適用で「東京からの新幹線+レンタカー」がセットで1名あたり7,540円(35%オフ適用済み)のプランもありました。

列車で行く日帰り/レンタカーで那須高原リゾート満喫の旅 1台2名利用

②新幹線+ホテル送迎バス(宿泊が前提)

新幹線で那須塩原駅まで移動し、テディベアミュージアム近くで駅からの送迎があるホテルに宿泊する方法です。

那須テディベアミュージアム近くの3つのホテルで、那須塩原駅からの無料送迎が用意されていることを確認できました。
いずれも宿泊費が高めですが、今はGo Toキャンペーンも開催中なので、これを利用して訪問するのもお勧めです。

しかも!那須テディベアミュージアムではGo Toの地域共通クーポンを使用可能です!(紙、電子、両方に対応)
旅行代金の15%相当のクーポンが貰えるので、ホテルの宿泊費が高くても、その分お土産購入に使えるクーポンが増えることになります。

那須温泉 ロイヤルホテル那須

徒歩15分と、下の2つに比べて少し離れていますが、一番安価に宿泊できます。

・ホテル単体予約
楽天トラベル予約ページ Yahoo!トラベル予約ページ JTB予約ページ
2名宿泊で、1人あたり税込み9,500円くらいから見つけることができました。ここにGo Toキャンペーンの割引が入ります。

・新幹線込み予約(一番お得です)
日本旅行Go Toキャンペーン検索ページ (新幹線込みでGo Toトラベルキャンペーンを適用できます)
2名宿泊で、1人あたり税込み21,000円くらいから見つけることができました。ここにGo Toキャンペーンの割引が入ります。
※画面一番下まで移動して「関東→栃木県→那須・塩原→那須」の順に選択。

無料送迎バス

ロイヤルホテル那須webページhttps://www.daiwaresort.jp/nasu/access/index.html

【那須塩原駅発→ホテル行き】10:40/12:35/14:35/15:50
【ホテル発→那須塩原駅行き】10:00/11:45/13:45/15:10
※事前予約必須

ホテル森の風那須

徒歩7分

・ホテル単体予約
楽天トラベル予約ページ Yahoo!トラベル予約ページ JTB予約ページ
2名宿泊で、1人あたり税込み20,000円くらいから見つけることができました。ここにGo Toキャンペーンの割引が入ります。

・新幹線込み予約(一番お得です)
日本旅行Go Toキャンペーン検索ページ (新幹線込みでGo Toトラベルキャンペーンを適用できます)
2名宿泊で、1人あたり税込み27,000円くらいから見つけることができました。ここにGo Toキャンペーンの割引が入ります。
※画面一番下まで移動して「関東→栃木県→那須・塩原→那須」の順に選択。

無料送迎バス

ホテル森の風那須webページ(https://www.morinokaze-nasu.com/faq/index.html)

JR那須塩原駅 西口発 14:35 15:35
ホテル 発 10:20 11:20
※事前予約必須

ホテル四季の館 那須

徒歩7分

・ホテル単体予約
 楽天トラベル予約ページ Yahoo!トラベル予約ページ JTB予約ページ
2名宿泊で、1人あたり税込み24,000円くらいから見つけることができました。ここにGo Toキャンペーンの割引が入ります。

・新幹線込み予約(一番お得です)
日本旅行Go Toキャンペーン検索ページ (新幹線込みでGo Toトラベルキャンペーンを適用できます)
2名宿泊で、1人あたり税込み40,000円くらいから見つけることができました。ここにGo Toキャンペーンの割引が入ります。
※画面一番下まで移動して「関東→栃木県→那須・塩原→那須」の順に選択。

無料送迎バス

ホテル四季の館 那須webページhttps://www.shikinoyakata-nasu.com/faq/index.html

JR那須塩原駅西口発 14:35 15:35
ホテル発 10:20 11:20
※事前予約必須

※上記のホテル森の風那須と同じ時刻なので、同一バスの可能性があります

那須テディベアミュージアム レビュー

※これから訪問される方への配慮として、新作ストーリーのぬいぐるみ展示はご紹介していませんのでご了承下さい

さぁ、今回もやってまいりました、テディベアミュージアム。

自動車(レンタカー)での訪問は初めてでしたが、平日でしたし、広い駐車場のおかげで特に問題なく入れました。

※前回訪問時の写真です

入り口付近には、イベントのイラストで作られた大きな撮影スポットがありました。
前回のイベントの時にアルバイトで作ったテディベアを愛でるピスケ&うさぎ。

ミュージアムに進む道の途中にもテディベアたちがくつろぐ素敵な空間です。

道を進んでいくと、ちょっとだけピスケ&うさぎの姿が・・・

この大きな建物の左側が物販&カフェ、右側が展示スペースになっています。

ピスケとうさぎがテディベアたちと一緒にお掃除!

(明言されていないですが、ピスケ&うさぎが作ったテディベアたちは自力で動けると思われます)

庭の至る所にピスケ&うさぎがいます。

トピアリーを整備するうさぎ。
この様子は前回もみられたのですが・・・

今回はピスケもトピアリーの整備に挑戦。不器用ながら頑張るピスケ。見守るうさぎの表情(笑)

奥に進んだ入り口の扉にも、リースが飾られていますね。

このリースも、今回のイベントのストーリーに合わせてバージョンアップしています。

ちなみに、前回はこんな感じでした。

入場料金は大人1,350円、中高生1,000円、小学生800円。
公式ページのクーポンを提示(印刷でも、スマートフォンの画面提示でも可)すれば、100円割引になります。

入り口では、前回と同じくピスケ&うさぎ達が出迎えてくれます。

足元にテディベアもいますね。
それぞれが作ったテディベアを肌身離さず持っている様でかわいいです。

テディベアミュージアム、という名前の通り、館内はテディベアでいっぱいです。
単純に飾ってあるのではなく、それぞれストーリーを持って展示されているところがとても面白いです。
これは小さなテディベアたちが力を合わせて大きなテディベアを作っているところ。

館内の様子は、前回訪問した時の記事で少しご紹介しています。
カナヘイの小動物だけではなく、展示全体を見る価値があります。

年季が入った建物の雰囲気も、とても素敵です。

ゆるっとテディベアミュージアム

テディベアの展示の中を進んでいくと、ピスケ&うさぎの影が見えてきます。

とても親切なことに、ディスプレイで「ぜんかいまでのおはなし」を振り返ってくれます。

伊豆から始まったストーリーが少しずつ進み、通算3回目になる「ゆるっとテディベアミュージアム」(イベントとしてはPart 2)。
スペース上の都合のためか、ストーリー初期のぬいぐるみは展示されていませんので、ピスケ&うさぎがテディベアミュージアムで働き始めたころの様子を見ることができます。

このストーリーはYouTubeでも公開されています。

今回はテディベアミュージアム内にもあるカフェにちなんで、クッキー作りのアルバイトに励むピスケとうさぎ。
このストーリーのイメージイラストも、額装されて展示されていました。
(webで公開されていないものもあるので、ぼかしをかけています)

ここからぬいぐるみ展示が始まるのですが、これまでのストーリーの一部と、新作が併せて展示されています。

ピスケとうさぎが自作のテディベアに囲まれてご満悦のシーン。
ピスケがつくったテディベア(たくさんいる方)も、動きに変化を付けるために細かな調整を施されていて、作り手の愛を感じます。

庭でトピアリーの手入れをしていたうさぎの再現!

ピスケの仕事の様子も再現(笑)
切られて落ちている瞬間の葉っぱも表現するこだわり!

シーンごとに動きが付いたピスケの足は必見。
ここでは右足を大きく前に出して真剣に取り組む様子がとてもよく表現されています。

ここまでは前回にも公開されていたシーンです。

今回は、これに加えて5シーンの新作ぬいぐるみが展示されていました。ピスケ、うさぎ、それぞれの個性がよく出ていて、もっと続いて欲しいと思えるストーリーでした。

その後、順路通り2階に進むと自動的に物販コーナーに進むのですが、その途中にも過去の1シーンが展示されていました。
テディベアミュージアムでアルバイトを始めるための面接を受けているときの様子ですね。

※このシーン、横に回り込むと、ピスケとうさぎの表情を見ることが出来ます。カナヘイさんの元イラストでも見えない部分ですが、特にうさぎは「この顔しかない」と思える選定です。
過去のイベントでは回り込むこと自体が難しかったり(伊豆)、不可能だったり(那須)したのですが、今回は見られますので、ぜひご確認を。

過去に販売されたぬいぐるみの展示

ショーケースの中には、過去に販売されたピスケ&うさぎのぬいぐるみが展示されています。

前回(下の写真)は、第1弾から飾ってあったのですが、今回は新しいものに限定している様です。
ピスケ&うさぎのぬいぐるみも増えたなぁ・・・と感慨深いです。

2019年卓球ワールドカップ限定ぬいぐるみ

卓球ラケットを持ったピスケとうさぎ。
ラケット部分まで良く出来ている・・・

これは2019年 卓球ワールドカップ限定のぬいぐるみです。

https://kanaheis-small-animals.jp/special/tabletennis_1911/

ちなみにテレビ東京の公式YouTubeで、卓球女子韓国代表にぬいぐるみをプレゼントしたときの様子が紹介されていました。

プレゼントの袋からぬいぐるみを見付けたとたん湧き上がる選手たち・・・ですが、なぜかぬいぐるみを貰うのはコーチ陣(笑)

ことりカフェ限定ぬいぐるみ、西武鉄道限定ぬいぐるみ

その他に、ことりカフェの限定ぬいぐるみ、西武鉄道の限定ぬいぐるみも展示されていました。
西武鉄道版は敬礼のポーズがすごくかわいい!

ことりカフェのぬいぐるみは今でも購入できます(2020年10月時点)。


ねーねーねこ(カナヘイさん所有品)

伊豆から継続ですが、カナヘイさんが特別に強い思い入れを持っている ねーねーねこ も展示されています。
このねーねーねこを手に入れるに至ったストーリーがイラストで解説されています。

伊豆テディベアミュージアムの開催期間に、このねーねーねこの展示について紹介するカナヘイさんのInstagram。

ぬいぐるみの展示はここまでです。
次回はぬいぐるみたくさんの売店と、オリジナルメニューがあるカフェへ・・・!

まとめ

ミュージアム自体が敷地全体でテディベアの素敵な世界観を持っていて、そこにピスケ&うさぎが加わって更にかわいい雰囲気を作り出していました。

伊豆、那須、那須と今回で3回目のイベントになるのですが、ぬいぐるみ達のクオリティには毎回驚かされていて、作り手の愛情が感じられます。

カナヘイの小動物 2021年のカレンダーがたくさん販売されています!

「カナヘイの小動物」イベントレビュー

台湾・香港

2020年 台湾

 

2019年 台湾・香港

日本

-カナヘイの小動物
-, , ,

Copyright© 君に逢えてフォカッチャ , 2020 All Rights Reserved.