ナガノのくま・ちいかわ

[ナガノのくま・ちいかわ] ナガノマーケット SHINSAIBASHIの様子をご紹介

2022-03-27

ナガノマーケット(SHINSAIBASHI)の様子と、購入特典をご紹介します。
※以前はSHIBUYA、SHINSAIBASHIの2店舗の様子をまとめた記事でしたが、2つに分けています

created by Rinker
ハート
¥1,780 (2023/01/31 20:46:52時点 Amazon調べ-詳細)

ナガノマーケット 概要

ナガノのくま、ちいかわの作者であるナガノさんの商品を取り扱う専門店、「ナガノマーケット」が2022年3月12日に、SHIBUYA(東京都渋谷)、SHINSAIBASHI(大阪府心斎橋)、NAGOYA(愛知県名古屋)に3店舗同時オープンしました。

ナガノさんのキャラクターのうち、ちいかわ(なんか小さくてかわいいやつ)のみを取り扱うちいかわらんど(キデイランド原宿店、大阪梅田店)は2021年にオープンしていました。
今回オープンするナガノマーケットでは、同じくナガノさんの作品のうち、ナガノのくま(旧 自分ツッコミくま)の商品を主に取り扱う様です。

ナガノのくまがメインといっても、その中にはちいかわ商品も一部含まれますし、元からナガノのくまのファンだった立場としては嬉しい限りです。

SHIBUYA(渋谷PARCO 5F)

NAGOYA(名古屋PARCO 西館 3F)

※名古屋PARCOは東館、西館、南館、midiの4つあります。ナガノマーケットは西館の3Fです。

SHINSAIBASHI(心斎橋PARCO B1F)

名古屋PARCO、心斎橋PARCOでは自分ツッコミくまカフェ、ちいかわカフェ、ちいかわの森が開催されていたことがあります。
ファンにとっては思い出深い場所ですね。

オープンに合わせて発売された商品

開店に合わせてたくさんの新商品が発売されています(オンラインショップのナガノマーケットでも同時発売)。
詳細は各店舗のWebでご確認頂いた方が良いのですが、各14種類ある「ワンカラージャガードハンドタオル」「ワンカラー撥水マグカップ」「ワンカラーフラットトート」「ワンカラーフラットポーチ」が特徴的。

14種類のキャラクターは次の通り。
- ナガノのくま
- パグ
- 早インパラ
- 大型犬
- キョンシー
- チュパカブラ
- マレーグマ
- ちいかわ・ハチワレ・うさぎ
- もぐらコロッケ
- あのこ
- キメラ
- モモンガ
- くりまんじゅう
- オデ

どれもシンプルな見た目が魅力的で、トートバッグが14種類もあっても使いきれない(買えない)のですが、それでも欲しくなってしまうかわいさです。
(Twitterで名前がわからないまま、皆さんから「オデ」と呼ばれていたキャラクターは、正式名称も「オデ」でした。)

見たところ、各店舗で取り扱う商品は変わらない様です。

SHIBUYA(渋谷)

NAGOYA(名古屋)

SHINSAIBASHI(心斎橋)

オンラインショップのナガノマーケットは以前よりオープンしています。

ちいかわ、ハチワレ、うさぎの立像

お店には、ちいかわ(渋谷)、ハチワレ(心斎橋)、うさぎ(名古屋)の立像も登場しました。
(見えづらいですが、ちいかわ達にかぶられている、くまの表情もそれぞれ異なるのがポイントです)

それぞれが「くま」の洋服を着ているところも、ナガノのくま、ちいかわの両方を取り扱うお店の象徴として最適だと思います。
この姿の3匹は、ナガノマーケットのオープンに合わせてぬいぐるみとしても発売されました。

オープンから3カ月経った6月、ほぼ同時に各地の立像が入れ替わりがありました。
SHINSAIBASHIの立像は、ハチワレ→ちいかわに変更されています。(記事作成の2022年10月現在もこの形)

(SHIBUYAではちいかわ→うさぎ、NAGOYAでうさぎ→ハチワレに入れ替わっています)

ナガノマーケット SHINSAIBASHIの様子

今回ご紹介するのはナガノマーケット SHINSAIBASHI(大阪府心斎橋)。

各店舗とも、オープン時の入場は当選者のみに限られていました。
私は一次では落選したのですが、その後の二次(キャンセルした枠を対象)で当選し、何とか2日目に入場できています。

心斎橋パルコの各所に「ナガノマーケット」のポスターが飾られる歓迎ぶりはファンとしても嬉しい!

一番の目的である心斎橋の看板キャラクター、ハチワレの姿も確認できました。
頭の中ではハチワレの元気良い挨拶が聞こえます。

お店の壁は白を基調としていて、これをスクリーン代わりにした動画が流されていました。
オープン記念のワンカラー商品だけでなく、ナガノマーケットの商品もたくさん並んでいることがわかります。

お店の奥には、光り輝くくまのネオン。
目が完全な「丸」ではないところなど、ナガノさんのイラストのタッチをうまく再現しています。

レジ横には、名刺サイズになったナガノマーケットの店舗紹介カードが置かれていました。
くまとちいかわ達が一緒になっているところを多く見られるきっかけになった、思い出深いイラストです。お互いのサイズ比率もわかりますね。

このカードはシールにもなっていて、スマートフォン、モバイルバッテリーに貼るのにちょうど良いサイズです。

おまけ オープン前のお店の様子(SHINSAIBASHI)

オープン前に一足早く様子を見に行ったときの様子です。
真っ白なシャッターの前に、白い看板……

くまです!

実はここ、少し前までちいかわ×阪神タイガース×PARCOのポップアップショップが設置されていた場所です。

オープン記念 ワンカラー商品

オープンと同時に発売されたワンカラー商品。
各14種類ある「ワンカラージャガードハンドタオル(税込み1,100円)」「ワンカラー撥水マグカップ(税込み1,980円)」「ワンカラーフラットトート(税込み1,980円)」「ワンカラーフラットポーチ(税込み1,210円)」から、どのキャラクターを買おうか、とても悩みました。

決めきれないままお店に行ったのですが、店頭で「くま」の商品を手に取ったときに大きな安心感を覚えたので、すべて揃えることに。

ナガノさんのキャラクターはどれも好きなのですが、その中でもくまが好きなのだと実感しました。

オープン時 購入特典

ナガノマーケットでは、購入金額に合わせて特典商品が貰えることがあります。
ここでは、オープン時の購入特典をご紹介します。

オープン時は、購入金額(2,200円、5,500円、11,000円)に合わせて特典商品が貰えました。

上述したワンカラー商品をくまで一式購入したこともあり、3種類の購入特典をすべて頂くことができました。

購入金額2,200円で貰えるA5ファイルは心斎橋、渋谷でそれぞれ1枚ずつ頂いています。
白(くま)、ピンク(ちいかわ)でキャラクターを分けつつ、ちいかわ、ハチワレ、うさぎ、くま、パグは両方のデザインに出演しています。

ピンク色のファイルに出演しているブンブンぶん殴りが懐かしい!(その後に判明した名前は「ナグリビト」でした)

裏側はシンプルに「ナガノマーケット」。

購入金額5,500円で貰える絵皿(くまとちいかわ)は直径16~17cmある大きなものでした。
普段使いでも、飾っておく用途でも利用できそうなサイズです。

購入金額11,000円で貰えるトートバッグは更に大きく、袋部分でおよそ縦43cm×横40cmありました。

まとめ

ナガノのくま、ちいかわのキャラクターグッズを取り扱うナガノマーケット SHINSAIBASHIの様子をご紹介しました。

これまで別々にグッズ展開していたナガノのくま、ちいかわですが、これを機に一緒になっているイラストも見られる様になることを期待し、とても嬉しく思います。
東京、大阪、愛知の3店舗に行けない方向けにも、オンラインショップが用意されているのはとても有難いですね。

ナガノマーケットは、各パルコのイベント用スペースで開催されていることから、常設ではなく、期間限定になると予想しています。

ナガノのくま・ちいかわ関連記事

ナガノさんデザインのゆるキャラ「志武士ししまる」(鹿児島県志布志市)

ちいかわ書店

ちいかわ東京駅イベント

ちいかわ観光ステーション(2022年)

東京ちいかわステーション(2021年)

ちいかわらんど

ちいかわカフェ















MOGUMOGU食べ歩きくま

台湾編




週末いきなり北海道編

週末日帰り仙台編(宮城県)


横浜中華街編(神奈川県)


下町いいよね編(東京都)

お台場でカレーの名店編(東京都)

浅草編(東京都)


雪のスカイツリー編(東京都)

江ノ島散歩(神奈川県藤沢市 江ノ島)


高尾山(東京都)

番外編(りくろーおじさん)

Nagano's characters展(ナガノ展)

自分ツッコミくま第1弾カフェ



自分ツッコミくま第2弾カフェ





-ナガノのくま・ちいかわ
-, , ,