ナガノのくま・ちいかわ

ちいかわ飯店「たすけて!アリジゴクパフェ」をご紹介

2022-06-26

「行くか ちいかわ飯店……」

ちいかわのカフェ第2弾、ちいかわ飯店から、たすけて!アリジゴクパフェをご紹介します。

created by Rinker
エンスカイ(ENSKY)
¥1,650 (2022/08/13 00:14:47時点 Amazon調べ-詳細)

ちいかわ飯店 池袋パルコ概要

ちいかわ飯店は、Twitter漫画、LINEスタンプ、テレビアニメで有名なちいかわ(なんか小さくてかわいいやつ)のコラボカフェ第2弾。

https://the-guest.com/chiikawahanten_ikebukuro/

今回のコンセプトは中華料理を出すレストランを意味する「飯店」。

2021年から2022年にかけて開催された第1弾の「ちいかわカフェ」に続く第2弾で、現時点で2022年8月までの開催が決まっています。また、名古屋(愛知)、心斎橋(大阪)でも2022年秋から開催予定です。

ちいかわ飯店 開催情報

ちいかわ飯店の開催場所は日本各地のTHE GUEST cafe&diner(ザ ゲスト カフェアンドダイナー)

THE GUEST cafe&dinerは主にコラボカフェを開催しているカフェ。
以前は札幌福岡にも店舗がありましたが、残念ながら現在店舗があるのは東京(池袋)名古屋(愛知)心斎橋(大阪)のみです。

ちいかわ飯店@池袋パルコ

THE GUEST cafe&diner 池袋
イベントURL:https://the-guest.com/chiikawahanten_ikebukuro/
住所:東京都豊島区南池袋1丁目18-2(池袋パルコ 本館7F)
開催期間:2022/05/13~2022年8月下旬(終了時期は「予定」とあります。)

大人気のちいかわなので、入店はすべて予約制。
およそ1か月分ごとに抽選が行われていて、当選者のみが入店できます。

池袋以降の巡回予定

詳細な開催時期は未定ですが、ちいかわ飯店は名古屋パルコ、心斎橋パルコにも巡回予定です。

ちいかわ飯店@名古屋パルコ(2022年秋予定)

開催場所:THE GUEST cafe&diner(名古屋パルコ 西館8F)愛知県名古屋市中区栄3-29-1
公式Twitterhttps://twitter.com/cc_parco(イベントに合わせて名称が変わります)

ちいかわ飯店@心斎橋パルコ(2022年秋予定)

公式Twitterhttps://twitter.com/theguestosaka  (イベントに合わせて名称が変わります)
開催場所:THE GUEST cafe&diner(心斎橋パルコ 6F)大阪府大阪市中央区心斎橋筋1丁目8-3

メニュー

料理の写真は、公式webでご確認ください。
「お一人様、フード・スイーツ(サイドメニュー含む)からあわせて最大4品、ドリンクメニューから最大5品まで」の制限があります。

フードメニュー

郎(シーサー盛り付け):1,540円
鎧さんの愛情弁当:1,540円
うさぎのあんかけ炒飯:1,430円
とある日のプリズンプレート:1,540円

デザートメニュー

ほめられリボンの思い出スイーツ:1,540円
たすけて!アリジゴクパフェ:1,430円
ハチワレの台湾カステラ:1,430円
モモンガの包んでみろプレート:1,430円

ドリンクメニュー

あたりくじ付き推しクリームソーダ(ちいかわ、ハチワレ、うさぎ):1,100円
温泉風ホット杏仁ミルク マシュマロ付:1,100円
ラッコの「いつもの」アイスココア:990円
くりまんじゅうの休肝日ドリンク:770円

サイドメニュー

ちいかわ肉まん:660円

テイクアウトメニュー

くりまんじゅうの休肝日ドリンク:648円

ちいかわ飯店@池袋パルコ 会場の様子

ちいかわ飯店店頭の様子は、下の記事でご紹介しています。

第1弾「ちいかわカフェ」の様子もご紹介しています。

たすけて!アリジゴクパフェ レビュー

池袋店で注文したメニューから、たすけて!アリジゴクパフェをご紹介します。価格は1,430円(税込み)。

https://the-guest.com/chiikawahanten_ikebukuro/

※混雑時は調理が完了した順に運ばれるので、デザート、ドリンクなどが先に到着することがあります

たすけて!アリジゴクパフェ

ヤダーッ」の大きな吹き出しPOPとともに登場。

元になったTwitter漫画はこちら。

元は「ちいかわVSアリジゴク」でしたが、今回のメニューではちいかわとハチワレが同時にピンチに陥っています。

Twitter漫画と同様、アリジゴクがいる場所に向かって砂が深くなっています。
砂の部分はクッキーなのですが、どちらかと言えばシリアルの様な感じです。

メニューのためとは言え、巻き込まれたハチワレ(笑)

周りにある葉(ミント)もあり、アリジゴクの巣と言うよりは砂漠地帯を思わせます。

点5つで描かれたシンプルさの中に怖さがあるアリジゴクの顔は、流石ナガノさんという感じ。

食べる前にとりあえず救出して……
(アリジゴクも助けたら意味がないと気づきました)

クッキーを掘ると、やわらかい何かが……

下にはティラミスが。そうだ、これパフェだった!
パフェと言うと「生クリームもりもり」な印象がありますが、これもパフェの仲間なんですね。

上のクッキー部分だけで食べても、ティラミスと一緒に食べても美味しく味わえます。

ティラミス部分は「もしアリジゴクに取り込まれた生き物はこうなる」という意味だと考えるとちょっと恐怖……

1席1枚貰えるランチョンマット

お店の方に続いて席に着くと、持ち帰り可能のランチョンマット(A3サイズ)が置かれています。
大きいので、持ち帰りたい方は筒かクリアファイルを持っていくことをお勧めします。

グッズショップでA3サイズのクリアファイルが売られているので、きれいに持ち帰りたい方は購入するのも手です。

ドリンク注文で貰えるコースター

ドリンクの注文数に応じて、コースターも貰えるようになっています。
いつもA4サイズのクリアファイルに挟んで持ち帰っています。

ちいかわ飯店 メニュー紹介記事

まとめ

ちいかわ飯店のメニューから「助けて!アリジゴクパフェ」をご紹介しました。

ちいかわの身体から見ても特大の「ヤダーッ」から、かなり大きな声であることが伺えます。

いつも命の危険に合っているちいかわ達。
自力だったり、運だったりで何だかんだ助かるのですが、今回の場合は「突如現れた正義の味方(パフェを注文した方)に助けて貰う」という結末になりそうです。

ちいかわ飯店に訪問する際には、是非ちいかわ、ハチワレを救ってあげてください。

まだ1回しか訪問していないのですが、できれば再訪問して全メニューを制覇し、ご紹介するつもりです。(勿体ぶって1回の訪問で頼んだメニューを1つずつ記事にするという非道なことをしていますが、「食べ切れる量だけ頼む」ポリシーなので、あまりたくさんご紹介できません)

ちなみに、第1弾のちいかわカフェでもメニューを1つずつ記事にしてご紹介したところ、現時点(2022年6月)までの累計では「郎」(ラーメン)の記事が一番人気の様です。

(「一番」と言っても、そもそもヒット数が少ないブログなので大した数ではないです)

created by Rinker
¥1,430 (2022/08/13 00:14:50時点 Amazon調べ-詳細)

ナガノのくま・ちいかわ関連記事

ナガノさんデザインのゆるキャラ「志武士ししまる」(鹿児島県志布志市)

ちいかわ書店

ちいかわ東京駅イベント

ちいかわ観光ステーション(2022年)

東京ちいかわステーション(2021年)

ちいかわらんど

ちいかわカフェ















MOGUMOGU食べ歩きくま

台湾編




週末いきなり北海道編

週末日帰り仙台編(宮城県)


横浜中華街編(神奈川県)


下町いいよね編(東京都)

お台場でカレーの名店編(東京都)

浅草編(東京都)


雪のスカイツリー編(東京都)

江ノ島散歩(神奈川県藤沢市 江ノ島)


高尾山(東京都)

番外編(りくろーおじさん)

Nagano's characters展(ナガノ展)

自分ツッコミくま第1弾カフェ



自分ツッコミくま第2弾カフェ





-ナガノのくま・ちいかわ
-, ,