ポケモン

ポケモンカフェ 「ニャオハ・ホゲータ・クワッスと自由な冒険へ飛び出そう♪きみだけのストーリーコース 〜バイオレット〜」をご紹介

2023-01-22

ポケモンカフェの「ニャオハ・ホゲータ・クワッスと自由な冒険へ飛び出そう♪きみだけのストーリーコース 〜バイオレット〜」をご紹介します。

「スカーレット」版は下の記事でご紹介しています。

ポケモンカフェについて

ポケモンカフェ概要

長いので飛ばしてメニューの説明に進みたい方はこちら

ケモンカフェは、ご存じポケモン(ポケットモンスター)の料理が食べられるカフェ。

https://www.pokemoncenter-online.com/cafe/

現在は東京都の日本橋、大阪府の心斎橋に1店舗ずつあります。

ポケモンカフェ東京・日本橋(2018年3月開店)
東京都中央区日本橋二丁目11番2号 日本橋髙島屋S.C.東館 5階

※同フロア内にポケモンセンタートウキョーDXがあります

ポケモンカフェ大阪・心斎橋(2019年9月開店)
大阪府大阪市中央区心斎橋筋1-7-1 大丸心斎橋店 本館9階

※同フロア内にポケモンセンターオーサカDXがあります

ポケモンカフェは常設カフェです。料理だけでなく、お店の内装、スタッフの服装なども含めてポケモンの世界観を1年を通して楽しめるつくりになっています。

東京、大阪、どちらも、由緒ある百貨店の中にあり、大きいポケモンセンターが併設されている点は共通しています(公式webでも、東京日本橋店、大阪心斎橋店の様子を少しだけ見られます)。

私はポケモンの商品をいつも追いかけているわけではないのですが、応援しているイラストレーターの方がコラボしていることが多く、ポケモンには少なからず親しみがあります。

ナガノ先生(ナガノのくま、ちいかわ)

カナヘイ先生(カナヘイの小動物、ピスケとうさぎ)

高橋きの先生(ねこのぶーちゃん)

ポケモンカフェ店内の様子(東京日本橋、大阪心斎橋)

東京日本橋店(+ピカチュウグリーティング)の様子、大阪心斎橋店の様子は下の記事でそれぞれご紹介しています。

メニュー

ポケモンカフェでは常設のメニュー(フード、スイーツ、ドリンク、選べるラテ)に加えて、期間限定の様々なメニューが提供されています。
詳細はポケモンカフェ公式webでご確認ください。

実際にお店で食べたメニューは、タグ「ポケモンカフェ」でまとめています。

ポケモンカフェは事前予約制

ポケモンカフェは東京日本橋、大阪心斎橋どちらも事前予約制。

利用人数によって使用できるテーブルが決まっていて、31日先までのカレンダーから、該当するテーブルの空席がある日、時間帯が表示されるようになっています。
(当日キャンセル待ちもあるのですが、空席ができるかも不明なので、あまりお勧めできません)

ニャオハ・ホゲータ・クワッスと自由な冒険へ飛び出そう♪きみだけのストーリーコース 〜バイオレット〜 レビュー

今回は「ニャオハ・ホゲータ・クワッスと自由な冒険へ飛び出そう♪きみだけのストーリーコース 〜バイオレット〜」をご紹介します。価格は税込み3,850円。

メイン、サラダ、デザートが一緒になった期間限定スペシャルメニューで、ポケットモンスタースカーレット・バイオレットの発売に合わせて2022年11月から提供されています。

 

ニャオハホゲータクワッスと言えば、ポケットモンスター スカーレット・バイオレット(Nintendo Switch)から登場するポケモン。

この3匹は俗に言う「御三家」ポケモンで、物語の一番最初に仲間になり、冒険の最後まで戦力になるポケモンです。
一番有名な「御三家」は、1作目のポケットモンスター 赤・緑に登場したフシギダネ・ヒトカゲ・ゼニガメの3匹。

ポケモンはシリーズ毎に物語の舞台となる「地方」が決まっていて、第1作は「カントー地方」です。このことから、1作目の御三家は「カントー御三家」と呼ばれることもあります。
その言い方だと、今回のニャオハ・ホゲータ・クワッスは第9作目の御三家で、「パルデア」なので「パルデア御三家」とも呼ばれることになりそうです。

前述の通り「御三家」のポケモンは最後まで頼りある戦力であり続けるために、ポケモンでは定番の「進化」を行います。
ポケモンは進化すると見た目が大きく変わり、ほとんどの場合「かわいい」から「かっこいい」見た目に変化するのですが、「かわいいままでいて欲しい」というポケモントレーナー(プレーヤーのこと)も多く、その進化した後の見た目が判明するときには物議を醸すことが多いです。

特に今回の御三家では(あくまで私の主観では)「ニャオハ」の進化系がどのようになるのか、トレーナーたちの興味が強かった様に思います。

いつもはポケモンの画像を公式webのポケモンずかんのリンクでご紹介するのですが、発売から期間が経過していないためか、まだ新しいポケモン達はずかんに登録されていない様です。
自分から積極的に調べない限り、ニャオハたち御三家の進化系の姿はわからない様に配慮されているのかもしれません。

 

ほぼ同じ名前のメニューで「ニャオハ・ホゲータ・クワッスと自由な冒険へ飛び出そう♪きみだけのストーリーコース 〜スカーレット〜」があります。メインに据えられたポケモンたちは一緒ですが、料理の内容が少しずつ違うという、にくい仕様。スカーレット、バイオレット、それぞれが料理として完成しているので、1人で両方頼んで食べ切るのはかなり難しそうですね。

今回はバイオレットをご紹介していますが、スカーレットの記事はこちら。

ニャオハ・ホゲータ・クワッスと自由な冒険へ飛び出そう♪きみだけのストーリーコース 〜バイオレット〜 レビュー

ポケモンカフェで各席に置かれているランチョンマット(A3サイズ)。私の席に置かれていたのは、スカーレット・バイオレットに登場するコライドンでした。

前回はミライドンだったなぁ……

 

すごく立体的な台に載って届くメニューです。特殊な台座に、ニャオハ、ホゲータ、クワッス、それぞれをイメージしたお皿が乗っています。
(食べるときは、台座から降ろします)

スカーレット(下画像)の時と比べると、ニャオハ、ホゲータ、クワッスの3匹であることは一致していますが、周囲に載っているものが少しずつ違うことがわかります。

 

ホゲータに台座の影がかかるので、すべてテーブルに降ろしてから写真を撮るのも手です。

ホゲータのお皿から。「ほのお」タイプなので、赤いお皿に載っています。(下に敷かれた紙が「バイオレット」カラー。)

「スカーレット」の時とは、ホゲータの顔の周りの色味が大きく異なります。

ホゲータの真っ赤な顔は、卵焼きの上に載ったケチャップです。

「バイオレット」のホゲータは、さつまいもをベースに作られています。

顔を少しずらすと……
ポテトの台座の上に載せられていました。

「スカーレット」の時は、ハンバーグの上に載せられていました。

 

横から見て立体感を堪能しましょう。

ニャオハのサラダ。「くさ」タイプなので、緑色のお皿に載ったサラダです。

バイオレットのニャオハのサラダにはシーザードレッシングが使われています。

「スカーレット」の時は、コブサラダでした。

ベーコン、チーズも入っています。

顔が載せられているのは、マカロニで作った土台。

スカーレットの時は、土台にはポテトサラダが使われていました。少しずつ違いを出してくるところが面白いですね。

 

クワッスのデザート。「みず」タイプなので、青いお皿に載ったフルーツ添えレアチーズケーキです。
周囲に添えられているのは、ぶどうとブルーベリー。

「スカーレット」版。クワッスの顔自体はおそらく同じですが、周囲にあるフルーツがオレンジ、マンゴーになっていました。

 

クワッスの設定「全身をツヤツヤのジェルが守っている」という部分をうまく表しています。

意外と厚みがあるのもうれしい……

思う存分写真を撮ったら、添えられたシロップを豪快にかけて頂きましょう。

このメニューを頼んだ人だけが貰えるシールセット。

こちらもスカーレット版とバイオレット版で異なります。

まとめ

ポケモンカフェのメニューから「ニャオハ・ホゲータ・クワッスと自由な冒険へ飛び出そう♪きみだけのストーリーコース 〜バイオレット〜」をご紹介しました。

このメニューが登場してからポケモンカフェの予約が常に埋まっていて、何度も予約ページを見直して空いている日を見つけることができました。
「スカーレット」と同様、一品だけでメイン、サラダ、デザートが揃った豪華メニューで、これだけでお腹いっぱいになります。

とは言え、せっかく予約困難なポケモンカフェに訪問するのであれば、何か一つ追加してほしいところ。
このメニューに合わせて、新御三家を据えたドリンクメニューを頼むと統一感が出そうです。

また、開けるまで何が出るかわからないデザートメニューの「キミにきめた!! モンスターボールのデザートボウル」も、今回ご紹介したメニューの発表と同時に中身が刷新されました。

その他の通常メニューもとてもかわいく、おいしいものばかりです。

私のおすすめは、定番・大人気のみんなだいすき!ピカチュウプレート(芸術的な丸みのオムライス、高い再現度のピカチュウ)と、赤く光るドリンクのゲンガーのあやしいひかりスムージー(暑い日に飲むと美味しさ倍増)です。

ポケモンカフェの記事はタグ「ポケモンカフェ」でまとめています。
もしその他のメニューも気になる場合、ご参考にしていただけると幸いです。

-ポケモン
-, ,