スニーカー

アシックス ビジネスシューズ ランウォーク WR613Tのヒール高さを測定

アシックス ビジネスシューズ ランウォーク WR613Tのヒール高さを測定した記録です。

選定の理由

今回はAmazonで購入可能なビジネスシューズ)、アシックス ランウォーク WR613Tを測定しました。
特にヒールアップ向けのシューズではありません。

created by Rinker
asics walking(アシックスウォーキング)
¥20,000 (2022/11/30 14:52:01時点 Amazon調べ-詳細)

ビジネスシューズは色々ありますが、なぜ今回の靴を選んだのかというと、

・スニーカーの技術が使われていて、履き心地が良さそう
・「Amazon try before you buy」対象商品で、試し履きが簡単にできる

スニーカーの技術が使われていて、履き心地が良さそう

ビジネスシューズ(革靴)と言えば、皮革が硬く、靴底の素材も硬いので、とても履きにくく、疲れやすい物が多いです。
足に馴染むまでは我慢の期間が続く、という印象です。

アシックスから、スニーカーの技術を取り込んだビジネスシューズが販売されています。
商品紹介には、次のような履きやすさを考慮した特徴が書かれています。

・中敷きにクッション性のあるE.V.A.を使用
・かかと部には衝撃緩衝機能GELを搭載
・3Eラウンドラスト(つまり幅広)

また、ライニング(アッパーの内側)に防水透湿性に優れた素材(ゴアテックスファブリック)を使用しているとのことで、蒸れたときの不快感も少なそうです。

冒頭に書いた理由で、革靴を履くときには少し気合が必要なことが多いのですが、これが少しでも軽減されればと考えました。
靴底の構造自体が普通の革靴と違うので、ヒールも測定してみたいと思った次第です。

「Amazon try before you buy」対象商品で、試し履きが簡単にできる

Amazonのファッションカテゴリでは、サイズ交換、返品が無料で出来るものがあります。
基本的には、Amazonが出品していて、Amazonが発送しているものであれば、無料で返品ができる様です。

これに加えて、Amazon try before you buyというサービスがあります。
(以前はAmazon wordrobeというサービス名でした)

Amazon try before you buyは、試し履きを前提としたサービス
いくつか靴を購入して、気に入ったものだけ購入できます(もちろん、室内で試す前提ですが)。

上述の通り、Amazonが出品していて、Amazonが発送しているものであれば、無料で返品ができるのですが、try before you buyの場合は、最初の支払いが発生しません。
つまり、
try before you buy:注文時は0円。商品が発送され、返送しなかった商品の支払いが後から発生。
try before you buy以外:注文時にすべての商品の費用が発生。返品した商品の費用が後日返還される。

返品があることが前提の商品なので、例えば同じ商品の色違い、サイズ違いをまとめて試すこともできます。
(25.0cm、25.5cm、26.0cmをまとめて試し履きして、足に合う25.5cmだけを購入。25.0cm、26.0cmは返品、など。)
返品の場合も送料はかかりません。

ラインナップ

靴の種類は多くありませんが、ストレートチップ、プレーントゥの基本的なものであれば問題なく揃いそうです。
カラーもブラウンが用意されている物が多くあります。幅も、デザインによって2E~4Eまでありました。

ストレートチップ 内羽根
※今回購入

プレーントゥ 外羽根

 ストレートチップ
ダブルモンクストラップ

Uチップ 外羽根

サイドゴアブーツ

 ウイングチップ 内羽根

今回はこの中から、最も定番で使いまわしが効くストレートチップ、ブラック、内羽根(左上)の種類を選びました。
サイズは24.0cm~28.0cmまで豊富にあります。

歩きやすさを考慮してか、ほとんどがラウンドトゥになっていました(全長が短い)。
サイドゴアブーツはヒールが高い可能性があるので、少し気になりますね。

外観

スニーカーの場合は26.0cmを選択するようにしているのですが、革靴は大きめになることが多いので、25.5cmを選択しています。右足を選んでいるところは過去と同様です。

外側(人から見える面)
商品説明通りのストレートチップシューズ。アッパーを見る限りは、ごく普通です。

内側

ヒール部分はスニーカー素材になっています。
近くで見ると、伝統的な革靴とは違うことに気づくかもしれません。

靴底を見ると、一気にスニーカーらしさが出てきます。
革靴好きな方であれば、あまり人に見られたくない場所だと思います。

ソール部分はやわらかく、滑りにくそうです。
一般的な革靴の、特にレザーソールの物と比べたら、かなり歩きやすいと思います。

かかとの底は、一番下側の部分(ヒールプラグと表記)であれば交換対応してもらえる様です。

靴の中は黒で統一されています。
クッションが入っていて、やわらかいです。この部分だけの触れば、スニーカーの様です。


土踏まずの部分もわずかに隆起しています。
(見えやすい様に明るく補正してあります)

少し離れてみれば、(いい意味で)ごく普通の革靴になります。

光沢感はほどほど。光沢が強い物だと傷が目立つので、個人的にはこれくらいが好みです。
クリームも馴染みやすそうです。

皮革はとてもやわらかく、馴染みが良いです。(商品説明に「天然皮革」と書かれています)
試しに履いてつま先部分を曲げてみましたが、シワ部分が足に当たって痛くなるようなことはありませんでした。

ヒールからつま先までの長さは約30cm(30cm無いくらい)。
(写真ではわかりにくいですが、かかとの後端を30cmの位置に合わせています)

外見のヒール高さ

測り方

ヒール高さの測定にはハイトゲージを使用しています。測り方についてはエア フォース 1の測定ページをご覧ください。

外見上のヒール高さは、一番高い部分で約30.0mmありました。(結果は0.5mmに丸めています)

少し前にずらすと、約29.0mmとなりました。
(この高さを外見上のヒール高さとしました)

実際のヒール高さ

測り方

同じくハイトゲージを使用。測定対象に軽く当たった時点で値を読み取っていますので、体重がかかることによるゴム、布などの素材の変形は考慮していません。
測定結果は0.5mmに丸めています。(表示が10.25mmなら10.5mm、10.20mmなら10.0mm)
丸め方は同じですが、エア フォース 1を測定したよりも追加の定規を更に強く固定していますので、精度は上がっているはずです。

実測

革靴では普通ですが、インソールは取り外し不可能なタイプです。

かかとの体重がかかる部分の高さは35.5mmありました。

ということで、外見のヒール高さ29.0mmに対し、実際のヒール(35.5mm)は6.5mm程度高いことになります。

ヒールは一般的なビジネスシューズ並み

アシックス ランウォーク WR613T:35.5mm
リーガル 811R AL:32.5mm

ナイキ エアマックス 95:42.5mm(インソール込み、取り外すと37.5mm程度)

ということで、一般的なビジネスシューズと比較して大きな差はありません。

衝撃吸収性を売りにした商品なので、一般的なビジネスシューズに比べると、沈み込みなどは大きいかもしれません。
その点はスニーカーと同様だと思います。

これまで測ったスニーカーの中でも厚底だったエアマックス 95と比較すると、ヒールは低いことになります。
(スニーカーの場合、30mmあれば高い方です)

created by Rinker
asics walking(アシックスウォーキング)
¥20,000 (2022/11/30 14:52:01時点 Amazon調べ-詳細)

ビジネスシューズでヒールが高いものを探している場合は、シークレットシューズもあります。

北嶋製靴工業所 シークレットシューズ 1301:50.0mm

created by Rinker
KITAJIMA(北嶋製靴工業所)
¥18,590 (2022/11/30 11:53:54時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

アシックス ランウォーク WR613Tのヒール高さを測定しました。(ビジネスシューズの場合は25.5cm、スニーカーは26.0を測定)

メーカー
名称
(測定ページリンク)

実際のヒール高さ
(インソールなし/あり)

外見のヒール高さ希望小売価格
(税抜き)
ショッピングサイト
なしあり
アシックス
ランウォーク WR613T
-35.5mm29.0mm22,000円Amazonで探す
楽天市場で探す
Yahooショッピングで探す
北嶋製靴工業所
シークレットシューズ 1301
-50.0mm32.0mm15,500円Amazonで探す
楽天市場で探す
Yahooショッピングで探す
リーガル
811R AL
-32.5mm26.5mm22,000円楽天市場で探す
Amazonで探す
Yahooショッピングで探す  
ジャランスリウァヤ
98321
-39.0mm29.0mm30,000円楽天市場で探す
Amazonで探す
Yahooショッピングで探す  
ハルタ
コインローファー 906
-32.0mm28.5mm10,455円Amazonで探す
楽天市場で探す
Yahooショッピングで探す
ナイキ
エアマックス 95
37.5mm42.5mm49.0mm17,000円~Amazonで探す
楽天市場で探す
Yahooショッピングで探す
リーボック
インスタポンプ フューリー
34.0mm39.5mm45.5mm18,000円~Amazonで探す
楽天市場で探す
Yahooショッピングで探す
ニューバランス
996
28.0mm33.0mm26.5mm13,800円~Amazonで探す
楽天市場で探す
Yahooショッピングで探す
ナイキ
エア フォース 1
30.0mm35.0mm40mm10,000円~Amazonで探す
楽天市場で探す
Yahooショッピングで探す
コンバース
オールスター
-19.0mm33mm5,800円~

Amazonで探す
楽天市場で探す
Yahooショッピングで探す

  • アシックス ランウォーク WR613Tの外見上のヒール高さは29.0mmあるのに対し、実際のヒール高さは35.5mm程度

※素人採寸ですので、いずれも数mmの誤差が生じている可能性があります。また、体重による沈み込みを考慮していませんので、その点もお含みおきください。

ヒール高さは35.5mmと、革靴としては一般的な高さだとわかりました。
アッパーの皮革はかなり柔らかく、靴底も柔らかいので、履き心地はかなり良いです。

特にヒールアップ効果はありませんが、歩くことが多い仕事の方は、一度試してみる価値はあると思います。
Amazonのセールで安くなっていることが多いので、都度確認してみて下さい。

※スニーカーのまとめページを作りました

番外編

ビジネスシューズ(革靴)のヒール高さ測定



Amazonで購入できるヒールアップインソールの測定

-スニーカー
-