ナガノのくま・ちいかわ

[ナガノのくま・ちいかわ] くまが食べたホットケーキ!ちいかわが食べたラーメン!よこはま動物園ズーラシア (モーニング2022年33号)

漫画雑誌モーニングに掲載された読み切りから、よこはま動物園ズーラシアでくま、ちいかわ達が食べた料理を追いかけます。

訪問の経緯

くまのむちゃうま日記 概要

漫画作品「くまのむちゃうま日記」は、作者のナガノさんがTwitter(@ngntrtr)で掲載した食べ歩き漫画をまとめた単行本。2022年6月に発売されました。
紙の単行本、Kindle版共に発売中で、「オリジナルむちゃうま手帖」がついた特装版もあります。

作者のナガノさんの食べものに関するエッセイは「ねこくま、めしくま」、「MOUGMOGU食べ歩きくま」(既刊3巻)があり、いずれも大人気です。

当ブログでも、MOGUMOGU食べ歩きくまで紹介された場所のいくつかを実際に訪問し、少しずつご紹介しています。
(現在も継続。これまで一番多く見て頂いているのは台湾編です。)

モーニング読み切り掲載(2022年33号)に登場したくま・ちいかわ

今回ご紹介するのは、モーニング2022年33号(2022年7月14日発売)に掲載された「食べるか外でホットケーキ」の舞台。

上述のくまのむちゃうま日記1巻ちいかわ 4巻が同時期に発売されたことを記念して、モーニングにくま、ちいかわが登場した読み切り回です。

(掲載雑誌がモーニングなのは、MOGUMOGU食べ歩きくまが電子版「Dモーニング」で連載していたためと思われます)

2022年7月にはちいかわと東京リベンジャーズのコラボがあったこともあり、Kiss、モーニング、マガジン(いずれも講談社)で読み切り漫画が連続掲載されています。

Kiss 2022年8月号(2022/06/24):くま×ちいかわコラボ漫画第1弾
モーニング2022年33号(2022/07/14):くま×ちいかわコラボ漫画第2弾
モーニング2022年34号(2022/07/21):ちいかわ漫画(表紙もちいかわ)
週刊少年マガジン2022年34号(2022/07/20):東京リベンジャーズ×血威華我(ちいかわ)

Kissに読み切りが掲載されたのは、MOGUMOGU食べ歩きくま連載中の編集担当の方(上の引用ツイート)が、2022年7月現在、Kissで担当をされていることからと思われます。

どこの動物園が描かれているか調査

ここで登場する動物園は、よこはま動物園ズーラシアだと推察しています。
※もし間違えていたら教えてください。修正・削除します。

ヒントになるのは、上述のTwitterにも掲載されている「動物園にやってきたこの日……」のコマと、メニュー。レストラン内の様子も少しだけ描かれています。

上野動物園(さるやまキッチン)

はじめは建物の見た目から上野動物園さるやまキッチンで決定しかけたのですが、いくつかの点から違うと判断。
(建物の向かって左部分が漫画のイラストとすごく似ている)

さるやまキッチンのメニューにはホットケーキ、メロンフロート、ラーメン、カレーライスのいずれもない
(少なくとも、ホットケーキとメロンフロートがあるはず)
※これが「違うかも」と考えたきっかけです

・漫画では券売機で購入しているが、さるやまキッチンは対面購入式

・漫画では食事を置くおぼん(トレー)の形が六角形(六角トレーと呼ぶらしい)だが、さるやまキッチンは四角形

上記はネット検索で見つかる写真等から確認した情報なので、実際とは異なる可能性があります。
また、漫画自体が単純にいくつかの動物園の情報を組み合わせただけという可能性もあります。

上野動物園が真っ先に浮かんだのは、MOGUMOGU食べ歩きくま1巻で登場しているためです。
(その時に出てくるのは西園休憩所というレストラン)

よこはま動物園 ズーラシア オージーヒル グリルレストラン

「似ている外観のレストランって、そんなにある……?」と思いながら調べてみると、よこはま動物園ズーラシアのレストランの1つ、オージーヒル グリルレストランが該当しそうなことが判明。

公式Webにわかりやすい写真がなかったので、(話は前後しますが)撮影した写真を載せます。

手前の地面のタイルの形なども含めて、かなり近いと考えたのですが、どうでしょうか。
(左手前の屋根の形が少し違うところが気になります。もしかして、結構多いデザイン?)

合っているとしても、立ち位置はもう少し左だったかもしれません。

オージーヒル グリルレストランでは、ホットケーキ、メロンフロート、ラーメン、カレーライスのすべてが揃っていることも確認できました。

さるやまキッチンでは異なっていたその他の諸条件については、後程確認していきます。
自信がない部分はあるのですが、以降は「漫画の舞台はズーラシア」と勝手に決めつけた上で続けます。

※もし間違えていたら教えてください。修正・削除します。

ズーラシアでくまも選んだホットケーキを食べる

よこはま動物園 ズーラシアについて

よこはま動物園 ズーラシア(正式名称:横浜市立よこはま動物園)は、神奈川県横浜市にある動物園。1999年から営業しています。

よこはま動物園 ズーラシア

住所:神奈川県横浜市旭区上白根町1175番地1
営業時間:9:30~16:30(火曜日休園
URL:https://www.hama-midorinokyokai.or.jp/zoo/zoorasia/

最寄駅は相鉄線「鶴ヶ峰」駅、相鉄線「三ツ境」駅、JR線・横浜市営地下鉄「中山駅」。
それぞれの駅から「よこはま動物園行き」のバスが出ていて、約15分で到着します。
自動車の場合は、東名高速「横浜町田I.C.」から約15分。

関東の動物園でも面積が広い方で、45haと上野動物園(14ha)の約3倍あります。
本来は野毛山動物園(神奈川県横浜市)からの移設用に作られた動物園ですが、野毛山動物園は現在も小規模ながら運営を継続しているとのこと。

広い敷地を活用して、「アジアの熱帯林」「オセアニアの草原」といった名前を付けられたエリアで生息地別に動物を展示しているのが特徴です。

園内は広々としていて、道に合わせて樹木がたくさん植えられています。
訪問時は7月下旬の真夏日でしたが、この木々と、随所に置かれたベンチ(パラソル付き)でたくさんの日影があり、日光を避けながら進むことが出来ました。

真夏の動物たち

レストランを目的にした不純な訪問ですが、一通り園内を周り、動物見学も楽しみました。
暑い日だったので、動物たちも暑さを避けられる場所でじっとしていることが多かったです。

ガラスを隔てているとは言え、人の近くの日陰でくつろぐハチワレ  チーター。

日陰で様子を伺うミーアキャット。

もちろん、くま(ホッキョクグマ)も確認。

見ている数分の間、ずっと水の中で涼んでいました。

オージーヒル グリルレストラン

オージーヒル グリルレストランは、ズーラシア内にある2つあるレストランの1つ(もう1つはサバンナテラス)。

正門、北門があるズーラシアのうち、どちらかと言えば正門に近い位置にありますが、順路通り進んだ場合、入園から1時間以上経過していると思います。

清潔感があり、天井が高く開放感がある店内には200席あります。

メニューにはもちろんホットケーキ……(ちゃんと2枚重ねだ!)

(写真には入っていませんが)メロンフロートもあります。

事前の調査通り、券売機もありました。

念願のホットケーキとメロンフロート!
(おぼんも六角トレーで、漫画と一致しています)

偶然かもしれませんが、メロンフロートに泡が多めなところも漫画と一緒で嬉しい!

プラスチックのフォークとナイフでBABYな気分になり……

「両面がパフッとした素朴さ」を堪能……!

(本当に合っているかわからないけど、「これはくまが頼んだものと同じだ」と言い聞かせていました。)

さて、この読み切り漫画では、ちいかわ、ハチワレがラーメンを、うさぎがカレーを食べています。
「漫画の元になったのは、このレストランが有力」と考えたのも、ラーメン、カレーも含めてメニューになっていたからです。

くまが食べているわけではないのですが、せっかくの機会なので、こちらも注文。

ちいかわ、ハチワレが頼んだのは、チャーシュー、もやし、メンマ、わかめと、定番の具が一通り入った間違いないラーメンです。

うさぎが頼んだカレー(福神漬けはナチュラルカラー)。

大きなお皿に、広くルーが乗せられたカレーでした。

まだ動物園の見学は途中なのですが、既に1時間以上歩いている身体にしみるおいしさ。
「こういう所で食べる、ラーメン、カレーのうまさ…」は、適度に運動してエネルギーを欲している身体の状態も加味して書かれているのかもしれません。

ここまでは良かったのですが、実は椅子の形が漫画とは異なっていました。
漫画で出てきている椅子は背もたれから座面までが一体になっている特徴的なものですが、オージーヒルの椅子は、背もたれと座面が別パーツになっているタイプ。

所詮椅子といえば椅子なのですが、ナガノさんの漫画ではこういう点を忠実に描いていることが多いです。

最後の最後に読みの甘さに気づき、不安な気持ちを残しながら残りの動物見学に進んだのでした。
(合っているといいなぁ)

まとめ

モーニングの読み切り漫画の舞台(と決めつけている)よこはま動物園 ズーラシアのレストランで、くまが食べたホットケーキをご紹介しました。

途中でも書いている上野動物園(MOGUMOGU食べ歩きくま 1巻で訪問)ですが、このブログではまだご紹介していません。

実は一度訪問しているのですが、諸事情により記事にできていませんでした。
というのも、現在は園内にある西園休憩所(漫画では西園食堂)での食事提供を休止しており、漫画に登場したパンダちゃんホットケーキを拝めないためです。

プレーリードッグも、ワオキツネザルも、写真の準備はできているのですが、ご紹介はまた別の機会になりそうです。

(距離が近く、ガラスを隔てていないので撮影しやすいプレーリードッグ)

(ふさふさした長いしっぽが魅力的なワオキツネザル)

created by Rinker
エンスカイ(ENSKY)
¥1,650 (2022/08/13 00:14:47時点 Amazon調べ-詳細)

ナガノのくま・ちいかわ関連記事

ナガノさんデザインのゆるキャラ「志武士ししまる」(鹿児島県志布志市)

ちいかわ書店

ちいかわ東京駅イベント

ちいかわ観光ステーション(2022年)

東京ちいかわステーション(2021年)

ナガノマーケット

ちいかわらんど

ちいかわカフェ















MOGUMOGU食べ歩きくま

台湾編




週末いきなり北海道編

週末日帰り仙台編(宮城県)


横浜中華街編(神奈川県)


下町いいよね編(東京都)

お台場でカレーの名店編(東京都)

浅草編(東京都)


雪のスカイツリー編(東京都)

江ノ島散歩(神奈川県藤沢市 江ノ島)


高尾山(東京都)

番外編(りくろーおじさん)

イラストエッセイ本「ねこくま・めしくま」ご紹介

Nagano's characters展(ナガノ展)

自分ツッコミくま第1弾カフェ



自分ツッコミくま第2弾カフェ





-ナガノのくま・ちいかわ
-, ,