ナガノのくま・ちいかわ

くりまんじゅう、シーサーも仲間入り ちいかわ インテリアミニフィギュア3 をご紹介

100円ショップで買えるちいかわの人気商品、インテリアミニフィギュア3をご紹介します。

インテリアミニフィギュア(第1弾)の記事はこちら
インテリアミニフィギュアⅡ(第2弾)の記事はこちら

その他のちいかわ100円均一商品のレビューはこちらのタグで確認できます。

created by Rinker
ハート
¥1,890 (2023/02/06 20:52:24時点 Amazon調べ-詳細)

ちいかわ インテリアミニフィギュア3 概要

ちいかわ インテリアミニフィギュア3は、2022年11月に発売された商品です。価格は税込み110円。

インテリアミニフィギュア「3」とある通り、シリーズ第3弾に当たる商品です。
(第2弾はギリシャ数字の「Ⅱ」で表現されているのを見かけることが多かったのですが、第3弾はアラビア数字の「3」という表記しか見かけなくなりました)

キャンドゥなどの100円均一ショップの他、プライズ商品としても展開されている様です。

とは言え、元の金額が110円なので、100円均一ショップで購入する方が間違いなくコストパフォーマンスが良い様な気がします(笑)

ちなみに私は、インテリアミニフィギュアⅡが発売されたとき、100円均一ショップで販売されないものと思い込み、ゲームセンターで頑張って全種類揃えてしまった苦い記憶があります。

100円均一ショップのほか、ちいかわグッズの聖地、ちいかわらんど各店でも販売されている様です。

created by Rinker
ノーブランド品
¥6,280 (2023/02/06 19:21:54時点 Amazon調べ-詳細)

インテリアミニフィギュアの変遷

第1弾のインテリアミニフィギュアが発売されたのは2021年7月。
この時はちいかわ、ハチワレにそれぞれ4種類ずつ表情がついた全8種類の構成でした。

第2弾が発売されたのは2022年1月。
ここで初めてうさぎが追加されています。また、ちいかわ、ハチワレ、うさぎそれぞれにパジャマを着たバージョンが入り、全9種類の構成でした。

第3弾となる今回は、くりまんじゅうとシーサーが仲間入りして、全9種類。
ちいかわ、ハチワレ、うさぎは寝そべりポーズが追加されています。

これまでのインテリアミニフィギュアも、記事にしてご紹介しています。

ちいかわ インテリアミニフィギュア3 レビュー

これまでのインテリアミニフィギュアと同じく、三角錐型の包装です。
インテリアミニフィギュアで一番うれしいのが、あらかじめ中身がわかっていること。中身がわからない商品も多い中、在庫さえあれば、最小の金額で全種類を揃えられるところが魅力です。(9種類、990円)

今回の全商品を並べたのがこちら。
意外にもうさぎの追加は「寝そべり」の1種類だけですが、うさぎは普段から表情が少ないので仕方がない様にも思います。

個別紹介

寝そべり姿のちいかわ、ハチワレ、うさぎ

今回新しく加わったポーズの3匹です。
これまでのインテリアミニフィギュアは表情違いか、コスチューム違い(ちいかわ、ハチワレ、うさぎのパジャマ姿)でしたが、初めて寝そべり姿が加わりました。

ちいかわ。すやすや寝ている、という感じの表情をしています。
柔らかい頬が地面に当たって変形している様子がうまく表現されています。

ハチワレ。ちいかわと同じポーズですが、こちらは良い夢を見ていそうな表情。

うさぎ。
うさぎはこれまで目を開いた表情(または白目)しか登場したことがないので、目を開いている表情が選択されたのでしょうか。白目よりはこちらの方がいいですね(笑)

背中側から見ても違和感ない見た目。それぞれの尻尾の違いも分かりやすいです。

くりまんじゅう、シーサー

今回が初登場で、一番早く売り切れそうな2匹。
くりまんじゅうと、シーサーです。

くりまんじゅう。くりまんじゅうが商品化するときは、ほぼ毎回この表情(笑)
実はギザギザの歯もきちんとプリントされています。「コレジャナイ」感が全くないのも、インテリアミニフィギュアシリーズの良さの1つかもしれません。

シーサー。
くりまんじゅうなど、他のキャラクターと比べると、牙が鋭いのがわかります。
(ハチワレも牙が鋭いけど、上の歯だけ描かれることが多い。シーサーは下の歯も描かれることが多い。)

たてがみはTwitter漫画で登場するときよりも「オレンジ色」に近い印象です。

後ろ姿。

最近(2023年1月に書いています)は、くりまんじゅうとシーサーが交流する会をいつも楽しみにしています。

ちいかわ、ハチワレ(表情追加)

残りの4種類は、見慣れたポーズのちいかわ、ハチワレに表情が加わったものです。

目をキラキラさせたちいかわ。

青ざめた表情のちいかわ。

この表情を見ると、私は真っ先に寝坊したときのちいかわを思い出します。

インテリアミニフィギュア2で追加された、赤面しているときのちいかわと並べて。

生え変わり時期のハチワレ。

生え変わり時期のハチワレ(Twitterで「パツワレ」と呼ばれているのをよく見かけます)はインテリアミニフィギュア2にも登場していて、その表情違いです。
反響が大きく、人気があるので、再登場したのではないかと推察しています。

インテリアフィギュア2に登場した、生え変わり時期のハチワレ

赤面しているハチワレ。

赤面のグラデーションのつけ方が、Twitter漫画と同様になっているところが細かい……

インテリアミニフィギュアは今回で合計26種類になり、かなり賑やかになりました。(1、2、3、すべて一緒にした写真を撮り忘れました)
第2弾、第3弾で11カ月の期間が空いているので、すぐに第4弾のことを考えるのは早すぎるかもしれませんが、次はラッコとモモンガのどちらかが入りそうな予感がします。

モモンガはしっぽ部分が大きすぎて直立できない可能性があるので、デザインする方も苦労しそうですね。
ハグコット2に登場したモモンガは、支えなしでは直立できなかった……

まとめ

100円均一ショップで買えるちいかわ商品、ちいかわ インテリアミニフィギュア3をご紹介しました。

気軽に買える金額で、かつ、種類を選んで買えるので、本当の意味でリーズナブルな素晴らしい商品です。
キャラクターの顔も漫画登場時のままで、とても愛着が湧きます。

青ざめた表情のちいかわだけは、閉じ込められている様にも見えるので、パッケージに入った時のまま保存しても面白いかもしれません。

ナガノのくま・ちいかわ関連記事

ナガノさんデザインのゆるキャラ「志武士ししまる」(鹿児島県志布志市)

ちいかわ東京駅イベント

まじかるちいかわ(2022年)


ちいかわ観光ステーション(2022年)

東京ちいかわステーション(2021年)

ちいかわらんど

ちいかわカフェ(第1弾)

その他ちいかわイベント

マリオンクレープコラボ(2022年)

ちいかわ書店(2022年)

ちいかわ焼き(2021年~2022年)

MOGUMOGU食べ歩きくま

台湾編

週末いきなり北海道編

週末日帰り仙台編(宮城県)

横浜中華街編(神奈川県)

下町いいよね編(東京都)

お台場でカレーの名店編(東京都)

浅草編(東京都)

雪のスカイツリー編(東京都)

江ノ島散歩(神奈川県藤沢市 江ノ島)


高尾山(東京都)

番外編

りくろーおじさん

山本屋総本家

Nagano's characters展

自分ツッコミくま第1弾カフェ

自分ツッコミくま第2弾カフェ

-ナガノのくま・ちいかわ
-, ,