ナガノのくま・ちいかわ

ちいかわ ミニポケットティシュ・水にながせるポケットティシュをご紹介

2023-01-07

ティッシュではない、ティシュ(ティシュー)だ!ちいかわのティシュ商品2種類(ミニポケットティシュ水にながせるポケットティシュ)をご紹介します。

created by Rinker
ハート
¥1,890 (2023/02/06 20:52:24時点 Amazon調べ-詳細)

ちいかわ ポケットティシュ 2種 概要

ちいかわ ミニポケットティシュ水にながせるポケットティシュは、2022年3月に発売された商品です。

ミニポケットティシュは6個セットで税込み176円、水にながせるポケットティシュは9個セットで税込み363円です。
後述しますが、「水にながせる……」がおすすめです。

created by Rinker
河野製紙
¥350 (2023/02/06 21:22:24時点 Amazon調べ-詳細)

ちいかわらんどでも販売されています(私はちいかわらんど原宿店で購入しました)

ちいかわ ポケットティシュ 2種 レビュー

左側がミニポケットティシュ、右側が水にながせるポケットティシュです。

ミニポケットティシュは6個セット、水にながせるポケットティシュは9個セットの商品。

裏側。

どちらのパッケージにも、ちいかわキャラクター紹介がプリントされています。
ハチワレの「ときどき毛玉のゲロを吐く」も、もれなく入っています。

ミニポケットティシュを開封。
イラストは全5種類で、6個入っているパッケージです。

ランダムに入っているので、1個買うだけで5種類の絵柄すべてが入っているか、不安になる方も多いと思います(どうせなら全部見たいですよね)。
ですが、ほとんどの場合、心配は無用だと思います。

お店でいくつもパッケージを調べたところ(不審者)、並び順はまちまちですが、どれも5種類入っている様に見えました。
おそらく、梱包の段階で、5つの絵柄が揃うように気遣いされているものと思われます。

絵柄が重複する1種類はランダム。上の写真だと、中央のイラスト(ちいかわ、ハチワレ、うさぎの3匹揃っているもの)が重複していますね。

裏側のイラストも、表に合わせたものになっています。

水にながせるポケットティシュを開封。
こちらはイラストは全5種類、9個入っているパッケージです。

こちらも問題なく揃いました。ミニポケットティシュと同様、全種類揃うように気遣いされていると思われます。

こちらのパッケージのみ、引き出し部分がわかる様に記載が入っています。
パッケージによって記載が異なり、下の写真だと「ひき↑だす」、他の4種類は「PULL↑OUT」でした。なんとなく、「ひき↑だす」のレイアウトから作者のナガノさんらしさを感じます。

2種類の大きさの違い

パッケージの大きさが違うので、中のティシュの大きさの違いも気になるところ。
と思いきや、ティシュ1組(2枚)当たりの大きさはあまり変わりありませんでした。

ミニポケットティシュ:168mm×208mm
水にながせるポケットティシュ:208mm×208mm

とあります。組数はいずれも1包装あたり8組。

「水にながせる」の違い

商品の名称にもなっている「水にながせる」について、乾いた状態では特に手触りの違いがありませんでしたが、水に濡らした時の「ちぎれやすさ」が違いました。
(「水に流せる」の方がちぎれやすい)

「水にながせる」の方はバージンパルプ100%(木材から作ったばかりのパルプ)で作られていて、水に濡れた時に分散しやすいようになっています。

海外旅行で、公衆トイレに紙を常備していないことがよくあります。(利用者の持参が前提になっている)
また、紙を常備していても、水に流す様になっておらず、隣に置かれた箱に入れるようになっていることもあります。

こういったときに水に流せるティシュを持っていると、紙がなくて困ることがなく、また、紙を流せないことへの抵抗を感じずに済みます。
海外旅行や、レジャーの際などに役立つ様です。

「ティッシュ」or「ティシュ(ティシュー)」

(完全に蛇足です)

Wikipedaiaの「ティッシュペーパー」によると(2023年1月確認)、次の通り。

日本語では英語の発音とは異なる「ティッシュ」という呼び方が浸透しているが、製紙業界では発祥のアメリカにならい、英語の発音に近い「ティシュー」と呼称することが定着しており、商品パッケージにも「ティシュー(ペーパー)」と表記されていることが多い。その他、「テッシュ」「ティシュ」と書かれることもある。

確かに、英語の「tissue」の発音は「ティシュー」に近いですね。

この記事では商品名に合わせて意図的に「ティシュ」と書いていますが、私も普段の発音は「ティッシュ」です(笑)

まとめ

ちいかわのミニポケットティシュ水にながせるポケットティシュをご紹介しました。

ちょうど「水にながせる」を必要とする機会があったので、とても重宝しています。
パッケージデザインも様々なので、使っていて楽しいです。

上述した通り、おそらくほとんどの場合、1つ購入するだけで、すべての絵柄が揃うと思われます。
なので、「買ってみたらすべて鎧さんだった……」みたいなことはまず起こらないと思います(そもそもパッケージが透明なので、買う前に気づくはず……)。

下の写真は適当に作った合成写真で、鎧さんしか出なかったちいかわ。

ナガノのくま・ちいかわ関連記事

ナガノさんデザインのゆるキャラ「志武士ししまる」(鹿児島県志布志市)

ちいかわ東京駅イベント

まじかるちいかわ(2022年)


ちいかわ観光ステーション(2022年)

東京ちいかわステーション(2021年)

ちいかわらんど

ちいかわカフェ(第1弾)

その他ちいかわイベント

マリオンクレープコラボ(2022年)

ちいかわ書店(2022年)

ちいかわ焼き(2021年~2022年)

MOGUMOGU食べ歩きくま

台湾編

週末いきなり北海道編

週末日帰り仙台編(宮城県)

横浜中華街編(神奈川県)

下町いいよね編(東京都)

お台場でカレーの名店編(東京都)

浅草編(東京都)

雪のスカイツリー編(東京都)

江ノ島散歩(神奈川県藤沢市 江ノ島)


高尾山(東京都)

番外編

りくろーおじさん

山本屋総本家

Nagano's characters展

自分ツッコミくま第1弾カフェ

自分ツッコミくま第2弾カフェ

-ナガノのくま・ちいかわ
-,