カナヘイの小動物

[カナヘイの小動物] 台湾常設2号店!高雄のコラボ店舗 セブンイレブン崛星門市

2020-02-11

2020年1月に台湾南部、高雄市のカナヘイコラボ店舗(台湾常設2号店)、セブンイレブン崛星門市を探訪してきました。
内装・外装がカナヘイの小動物一色になったセブンイレブンで、イートインスペースではピスケ&うさぎと一緒にくつろげます。高雄メインで台湾に訪問する際にお勧めのお店です!

かなり写真多めでお届けするので、うまく表示されない方はブラウザのキャッシュをクリアしてみてください。

セブンイレブン崛星門市 概要

セブンイレブン崛星門市は、台湾南部の高雄市にあるのセブンイレブンとカナヘイさんのコラボ店舗です。
2020年1月開店で、常設店舗としては台北のセブンイレブン威克門市に次ぐ2号店です。
崛星門市威克門市、区別しづらいので、このページでは高雄の崛星門市青字で書きます。

立体物のキャラクター、カナヘイさん過去商品展示、限定グッズ販売など、見どころがたくさんあります。

カナヘイさんご自身もTwitterで紹介しています。

台北のセブンイレブン威克門市も同時期に訪問して記事にしています。
今回のお店と比較しながら見て頂けると幸いです。

セブンイレブン崛星門市への行き方

セブンイレブン崛星門市は、台湾南部、高雄市のMRT駅、中央公園(ジョンヤンゴンユエン/ちゅうおうこうえん)が最寄り駅です。

住所:高雄市新興區五福二路209~211號

台北から中央公園駅まで

※以降は台北から移動する前提で記載しています。日本から飛行機で直接高雄に向かうこともできますが、省略します。

北部にある台北から中央公園駅へは、新幹線(台湾高鉄)で高雄まで移動した後、地下鉄(MRT)に乗り換えて移動するのが一般的な様です。
(合計移動時間は2時間~2時間半程度)

大まかな移動経路
 台北
 ↓(新幹線、1時間半~2時間15分程度)
 左營
(さえい、Zuoying)/新左營(しんさえい、Xinzuoying)
 ↓(MRT、13分)
 中央公園
(ちゅうおうこうえん、Central Park)

台湾は新幹線が利用しやすく、台北駅から左營駅(新幹線の終点駅、大魯閣草衙道に行くにはここで降りる)まで直線距離でおよそ300kmを1490台湾ドル(2020年2月時点で約5,420円、指定席)で乗ることができます。
(参考までに、東京から名古屋までの新幹線移動距離が366km、のぞみの指定席で11,300円です)

左營/新左營駅はほぼ直結している駅で、新幹線駅が左營、MRT駅が新左營駅です。

中央公園駅からセブンイレブン崛星門市まで

セブンイレブンに一番近いのは中央公園駅の2番出口です。

出口を出ると、大きな交差点。

交差点まで来たところ。
ここで左端に見えているのがセブンイレブンです。
画面では見えていませんが、横断歩道があるので渡って向かいます。

ごく普通に表れるセブンイレブンコラボ店舗。

店外の様子

歩道に突き出している「ゆるっとマルシェ」の看板。

常設店舗なので、お店の前の柱も含めてラッピングされています。
内側の天井にもうさぎの顔が見えている気合の入りよう。

内側にも看板。

ガラス一面のイラスト。

店内の様子

普通のセブンイレブンとして営業していますが、壁、天井、柱などはカナヘイキャラクターばかり。

エアコンの風にひらひら揺れる洗濯物が可愛いです。

カナヘイの小動物キャラクター達がいっぱいの中、普通にタバコも販売しているミスマッチが面白いです。
でも、タバコの棚の上にはねーねーねこがいますね。

ぬいぐるみを使って装飾されている柱もありました。

カナヘイさんのスタンプ年表。
天井の大きな星にも注目です。星が光っている様に内側に照明が入っているのも素敵ですね。

アイスコーナーも、棚に合わせてピスケ&うさぎが顔を出している様にデザインされています。

食品廃棄物を捨てる場所(お店の方しか触らない様に注意書きがあります)の看板にもピスケ&うさぎ。
「はーい」は日本語のままですね。
台湾のお店、グッズは、スタンプの日本語がそのまま使われていることも多いです。

イートインスペース

広々としたイートインスペース。
台湾ではコンビニにイートインスペースがあることが多いのですが、一般的なコンビニよりも広くなっています。
テーブル、椅子がとにかくピスケ&うさぎ。

テーブルには日本で販売されていたグッズのディスプレイ。
天井にいるピスケのライトが反射して映り込んでいるのも可愛いです。

台北の1号店と同じく、カナヘイさんのイラスト入りサイン色紙も飾られています。
周りは水族館シリーズで統一されています。

「2号(號)店」の記載もあります。

この色紙イラストは、イートインスペース横のこの立体物を描いていると思われます。

テーブルではうさぎがくつろいでいます。
威克門市ではおにぎりを食べていたのですが、今回(崛星門市)はドリンクの気分だった様です。

日本語で「おつかれさまです」。

ピスケは威克門市と同様にドリンクを飲んでいるのですが、カップのデザインが変わっています。

このカップのデザインにも理由があります。

セブンイレブンのドリンクとコラボレーションしていて(どのお店でもこのカップ)、そのカップを模しています。
(カップ左上の葉っぱの絵が全く同じ。このドリンクカップについては後程記事を上げる予定です。)

このお店はサービス精神旺盛で、コラボのカップをすべてテーブルの上に展示してくれています。

飲料用のカップ5種類と、おでんのカップ2種類。

おでんカップのイラストは、自分たちのイートインスペースでくつろぐピスケ&うさぎ。

ピスケ、うさぎのイス。

天井も小動物たち自体がライトになった豪華なもの。
360度カナヘイの小動物がいる空間でくつろぐことができます。

物販スペース

台北のセブンイレブン威克門市と同様、崛星門市でも物販スペースが充実しています。

専用の棚に陳列されたグッズたち。すべて(在庫があれば)買えます。

カナヘイさんのグッズ紹介ツイート。

こちらの洗濯ネットも実物が置いてありました。
平置きしているのではなくて、ひもをかけたところに引っ掛けて飾っているところが可愛いですね。
ぶらさがっているところがよく表現されています。

売り切れの商品には札が付いています。

2個買うと1割引きになります。

威克門市と同様に椅子も置いてあります。

スーツケースも現物展示があります。

紙製の小物入れ。組み立て式なので、持ち帰るときにかさばらなくて良いですね。
金額も99台湾ドル(2020年2月時点で約362円)と安価です。

小物入れはイベントの度に色々なデザインを見かけます。
カナヘイの小動物のゲーム「とんでけロケット!」のスタッフの方もお気に入りの様で、ゲームオリジナルのグッズを作成した模様。

https://twitter.com/kanaheirocket/status/1222666161155796992

購入金額に応じてバスケットが貰えるキャンペーンもやっていました。
800台湾ドル(2020年2月時点で約2,928円)と現実的なので、ついたくさん買ってしまいそう…

おまけ

今回の台湾旅行のお供に、ピスケ&うさぎ柄の悠遊カード(ゆうゆうカード、中国語ではヨウヨウカーと読みます)を購入しました。
(台紙右上の4色のマークが悠遊カードの証)

悠遊カードは、日本で言うとSUICA、PASMOの様な存在。
地下鉄、バスは悠遊カードを使うのが普通ですし、もちろんコンビニでの支払いに使えます。

チャージは地下鉄でもコンビニでもできます。
地下鉄でのチャージにはコイン
(1台湾ドルから)も使えるので、手持ちの小銭を減らすにも便利です。

普通のセブンイレブンでも在庫があれば購入できます。
セブンイレブン威克門市ならピスケ&うさぎの悠遊カードがレジ前に目立つように置いてあるので、見つけやすいと思います。

まとめ

カナヘイさんとセブンイレブンのコラボ店舗、台湾南部、高雄市のセブンイレブン崛星門市をご紹介しました。

高雄方面に旅行した時でも訪問できるコラボ店舗(聖地)があるのは良いですね。
終了時期は未定(不明)ですが、MRT駅から近いですし、高雄方面に行った際に訪問してみる価値はあります。

この時は、大魯閣草衙道で開催されている期間限定店、卡娜赫拉鼠於妳と一緒に訪問しました。
どちらも同じMRT線沿いにあるので効率的に行くことができました。

同時期に訪問した台湾店舗、イベントの記事





「カナヘイの小動物」関連記事

過去の関連イベントレビューです。よろしければご覧ください。

海外のイベントも訪問しています。こちらもよろしければご覧ください。

-カナヘイの小動物
-, , ,

Copyright© 君に逢えてフォカッチャ , 2020 All Rights Reserved.