カナヘイの小動物

[カナヘイの小動物] 台湾常設3号店!台湾・桃園のコラボ店舗 セブンイレブン立國門市をご紹介

2023-01-12

2023年1月に台湾、桃園市のカナヘイコラボ店舗(台湾常設3号店)、セブンイレブン立國門市を探訪してきました。
店内の至る所にピスケ&うさぎがいるお店で、限定グッズも販売していて、台湾訪問の思い出を作れる場所です!

セブンイレブン立國門市 概要

カナヘイの小動物の代表的キャラクター、ピスケとうさぎ。日本国内での活躍は言うまでもありませんが、台湾でも人気があります。

どれくらい人気があるかというと、日本で開催されたイベント(ゆるっとタウン、カナヘイ展)が同様に台湾で開催されたり、台湾独自のグッズが大量に作られたり。

その一環として、セブンイレブンとコラボした常設ラッピング店舗も展開されています。
これまで、その1号店となセブンイレブン威克門市、2号店となるセブンイレブン崛星門市をご紹介してきました。
(この記事を参考に訪問してくださった方が1人でもいたらうれしい

※上記2店舗は2023年1月現在でも営業しています

今回ご紹介するのは、桃園市にある、3号店となるセブンイレブン立國門市
2020年12月頃にオープンした様です。

崛星門市威克門市立國門市を区別しづらいので、このページでは桃園の立國門市青字で書きます。

カナヘイさんご自身もTwitterで紹介しています。

中国語での表記について

カナヘイ」は中国語で「卡娜赫拉」。(Google翻訳で発音を聞くと「カナヘイ」というよりは「カナフラ」に近い
カナヘイの小動物」は「卡娜赫拉的小動物」となります。

ちなみに、ピスケは「P助」、うさぎは「粉紅兔兔」(「粉紅」が「ピンク」なので、「ピンクのうさぎ」という意味)と表記されます。
P助與粉紅兔兔」で、「ピスケとうさぎ」になります(「與」が「&」の意味の「と」)。

セブンイレブン立國門市への行き方

セブンイレブン立國門市は、台湾の桃園市にあります。

住所:桃園市桃園區中山東路51號

桃園市というと、台北に訪問するときに便利な桃園国際空港(とうえんこくさいくうこう)が思い浮かびます。
「桃園にできたコラボ店舗、しかも、飛行機をテーマにした装飾、ということは、桃園空港の近く……?」と思いきや、そうでもありません(笑)

セブンイレブン立國門市の最寄り駅は確かに桃園駅なのですが、桃園空港から桃園駅までは、電車を乗り継ぎ、徒歩も含めて1時間程度要します。

桃園駅からセブンイレブン立國門市までは徒歩で11分程度かかります。

ということで、訪問するには、ちょっと気合を入れて、セブンイレブン立國門市に行くためだけに旅程を組む必要がありそうです。
オープンからはかなり期間が経ってしまいましたが、今回、せっかく台湾を訪問する機会を得たので、行ってみることにしました。

セブンイレブン立國門市の様子

さて、やってきましたセブンイレブン立國門市

遠目からは普通のセブンイレブン。よく見ると、店舗の外壁部分に明るめの縦ストライプが使われていますね。

近づいてみると、窓にはピスケとうさぎ、小動物たちのイラストが。

コラボ店舗を訪問するのは既に3軒目なのでそんなに驚きはありませんが、毎回とても嬉しい気持ちになります。

入り口付近の天井には、ピスケとうさぎの大きな顔。

セブンイレブンの看板とは別に、「ゆるっとマルシェ」の看板も設置されています。

お店の外からも、賑やかそうな店内の様子を確認できます。(この後すぐ入るんですけどね)

店内に入り、ピスケとうさぎの顔が鮮明に見えました。

このスペースでは、これまでに発売されたLINEスタンプが紹介されるのが通例になっています。

入り口から左を見ると、コラボ店舗の中でもこのお店にしかない、飛行機に乗ったピスケとうさぎの立像!
(少し遠いけど)桃園国際空港と同じ桃園市にあるということで、この様になっています。

ピスケが持っているカップにも2匹のイラスト。

別アングルから。
2匹の前にある棚は、カナヘイの小動物の商品だけが置かれたスペースがあります。セブンイレブンコラボ店舗でしか販売されていないものがほとんど。

天井にも、お店の入り口前にいたのと同様にピスケとうさぎ。

と思いきや、店内のうさぎは白いタイプでした。

お店の奥にあるスペース(上の写真の左奥)に行くと、まだいました!

飛行機のCAっぽい服装のうさぎと、パイロットっぽいピスケ。
階段の部分がちょうど人の足元に来るようにイラストが設置されていて、飛行機に乗り込む様な記念写真を撮ることもできます。

レジ背面の壁も例外ではありません。お店の中の壁という壁にピスケとうさぎがいます。
ごく普通のセブンイレブンとしても営業しているので、電子レンジなど、いかにもコンビニらしい機器もそのまま置かれています。

コラボ店舗だけで貰える、コラボイラストのカップ。
台湾のコンビニではお茶(甘い)を注文できるサービスがあります。

ちなみに、上の写真の下のカップは、2016年11月用の壁紙として公開されたイラストです。

そして、いかにも台湾らしいのが、イートインスペース。
台湾のコンビニは、ほとんどの場合イートインスペースが用意されています。

テーブルピスケ&うさぎがいるのはもちろん、ショーケースに日本のグッズが展示されています。

このときちょうどお客さんがたくさんいたので全ての椅子を確認することはできなかったのですが、椅子によってプリントされたピスケとうさぎの表情が異なるところもうれしい!

台湾の地元の方々がピスケとうさぎが思い切りあしらわれたポップなイートインスペースをごく普通に利用している店内の光景を見て、とてもうれしく感じました。

もしご興味がある方は、セブンイレブン威克門市、セブンイレブン崛星門市との違いも比較してみて下さい。

台北を旅行する場合は、松山空港に近いセブンイレブン威克門市が圧倒的に便利です。

まとめ

台湾のコラボ店舗3号店となるセブンイレブン立國門市で活躍するピスケとうさぎの様子をご紹介しました。

訪問時(2023年1月)、桃園駅周辺では大規模な工事をしている光景を見ることができました。
都市の規模が大きくなったら、桃園国際空港からのアクセスがもっと良くなり、お店にも訪問しやすくなるかもしれないですね。

お店の前の看板、夜になると光ります。

反対から見ても問題ないようにデザインされているのがうれしい!

※コラボ店舗のお話、まだ続きます!次の更新も見て頂けると嬉しいです!

 

同時期に訪問した台湾のイベントをご紹介しています。

2020年までにご紹介した台湾でのイベントの記事は、下にまとめてあります。

「カナヘイの小動物」イベントレビュー

台湾・香港

2020年 台湾

2019年 台湾・香港

日本

ゆるっとテディベアミュージアム

-カナヘイの小動物
-, , ,