カナヘイの小動物

[カナヘイの小動物] 台湾・台南のコラボ店舗 セブンイレブン北門門市 をご紹介

2023-01-15

2023年1月に台湾・台南のカナヘイコラボ店舗(セブンイレブン北門門市)を探訪してきました。

セブンイレブン北門門市 概要

カナヘイの小動物の代表的キャラクター、ピスケとうさぎ。日本国内での活躍は言うまでもありませんが、台湾でも人気があります。

どれくらい人気があるかというと、日本で開催されたイベント(ゆるっとタウン、カナヘイ展)が同様に台湾で開催されたり、台湾独自のグッズが大量に作られたり。

その一環として、セブンイレブンとコラボした常設ラッピング店舗も展開されています。
台北市(セブンイレブン威克門市)、高雄市(セブンイレブン崛星門市)、桃園市(セブンイレブン立國門市)、新北市(セブンイレブン板安門市セブンイレブン正隆門市)の店舗をご紹介してきました。(「門市」は繁体中国語で「店」という意味です。なので「威克門市」が「威克店」という様に表現されることもあります。)

※上記5店舗は2023年1月に営業していることを確認しています

今回ご紹介するのは、台南市(たいなんし)にあるセブンイレブン北門門市
(お店の名前を区別しづらいので、このページではセブンイレブン北門門市青色で書きます。

台湾1~3号店はカナヘイさんご自身もTwitterで紹介されていたのですが、今回訪問しているのは、おそらく紹介されていない店舗のうちの1つです(私が見逃しているだけかもしれません)。

中国語での表記について

カナヘイ」は中国語で「卡娜赫拉」。(Google翻訳で発音を聞くと「カナヘイ」というよりは「カナフラ」に近い
カナヘイの小動物」は「卡娜赫拉的小動物」となります。

ちなみに、ピスケは「P助」、うさぎは「粉紅兔兔」(「粉紅」が「ピンク」なので、「ピンクのうさぎ」という意味)と表記されます。
P助與粉紅兔兔」で、「ピスケとうさぎ」になります(「與」が「&」の意味の「と」)。

セブンイレブン北門門市への行き方

上述した通り、セブンイレブン北門門市台湾台南市にあります。

セブンイレブン北門門市

住所:台南市東區北門路一段310號

最寄りのTRA(日本でいうJR在来線のイメージ)の台南駅があり、駅から徒歩2分と、とても近い場所にあります。
もっとも、TRAの台南駅とは別に台湾高速鉄道(台湾高鐵)の台南駅があり、乗り換えを要するため、台北から行くには最短でも2時間程度と少し時間がかかります。

台湾駅 →(台湾高速鉄道 約1時間30分)→ 台湾高速鉄道 台南駅 →(徒歩3分)→ TRA沙崙駅 →(TRA25分)→ TRA台南駅

※停車駅の数によって時間は異なります

こちらの店舗、2021年4月オープンとのこと。
実は、先日の記事でご紹介した「卡娜赫拉的小動物幸福聖誕節」も、最寄りはTRA台南駅。

まとめて訪問するには絶好の機会ということで、行ってきました。

セブンイレブン北門門市の様子

TRA台南駅の西口。(確認できませんでしたが、乗客以外が駅の東西を横切ることはできず、鉄道を利用しない場合は地下道を通って横切る必要があるとのこと)

上の写真は南を向いている状態で、左側に駅があります。向かいの建物にそって右に歩くと、すぐにセブンイレブン北門門市に到着します。

今回のコラボ店舗は、「ゆるっとマルシェ」仕様です。

(前回ご紹介した新北市の2店舗は「ふしぎの国のピスケ&うさぎ」仕様でした)

もちろん天井も。ピスケ、うさぎの顔は中に照明が入っていて、時間帯によっては光っています。

そして店内の天井にも、2匹の形をした照明。

超広角レンズを使っているので強調されていますが、かなり大きいです。

うさぎなんて、大きすぎて2分割ですからね……

これまでご紹介してきた店舗と同様、壁にもイラスト。
ピスケとうさぎの思い出の写真が並んだシーンになっていました。

縦の長さが短い場所でも、LINEスタンプの紹介コーナーに活用されています。

コラボ店舗ではお決まりの、台湾限定商品が置かれた棚。

これまで見てきたコラボ店舗ではもれなく設置されています。

こちらも、上を見上げるといいことがあります。

奥には、台湾のコンビニではおなじみのイートインスペース。
すごく広いわけではありませんが、ガラスのショーケースまで用意されているところが嬉しいですね。

椅子もピスケとうさぎ仕様。

イートインスペース周りの壁面も、もれなく装飾されていました。

(残念ながら、1~3号店に居るような、ピスケとうさぎの立体物はありません)

こちらのお店では、上述の台湾限定商品スペース以外にもキャラクターグッズを設置したコーナーがありました。

このグッズは、以前開催されていたイベント、卡娜赫拉的小動物華山小農莊のものですね。(下の画像、うさぎのピンクが妙に強い様な……)

コラボ店舗では、店内を隈なく見て回ると、こんなお宝商品を見かけることもあります。

まとめ

台湾・台南のコラボ店舗、セブンイレブン北門門市をご紹介しました。

台南は台北に比べると訪れる機会は少ないかもしれませんが、「台湾島で最も早くから開けた地区の一つ(Wikipediaより)」ということもあり、旧跡が多く残るなど、観光名所もたくさんありそうです。TRA台南駅からとても近い店舗なので、台南を旅するときにはきっとセブンイレブン北門門市を使うことになると思います。

ちなみに、台湾高速鉄道の台南駅にも、立ち寄るべきスポットがあります。
以前台湾高鐵がピスケとうさぎのラッピング新幹線を走らせたことから、現在でもお店の中でグッズが販売されています。

こちらは改札外のセブンイレブン。

台湾高鐵駅構内のセブンイレブンでは、ピスケとうさぎ仕様のミネラルウォーター、食品を販売していることがあります。

セブンイレブン店内にも、ピスケとうさぎの描かれたポスターがありました。
(ミネラルウォーターの割引の宣伝。「第2瓶6折」は、「2本目は6割の金額で買える」の意味。)

滞在中に見つけた絵柄はすべて買いました(笑)

※次回はコラボ店舗のお話のまとめを予定しています

同時期に訪問した台湾のイベントをご紹介しています。

2020年までにご紹介した台湾でのイベントの記事は、下のイベントレビューにまとめてあります。

「カナヘイの小動物」イベントレビュー

台湾・香港

2020年 台湾

2019年 台湾・香港

日本

ゆるっとテディベアミュージアム

-カナヘイの小動物
-, , ,