ナガノのくま・ちいかわ

ラッコ、モモンガも登場! ちいかわ インテリアミニフィギュア4 をご紹介

100円ショップで買えるちいかわの人気商品、インテリアミニフィギュア4をご紹介します。

インテリアミニフィギュア(第1弾)の記事はこちら
インテリアミニフィギュア2(第2弾)の記事はこちら
インテリアミニフィギュア3(第3弾)の記事はこちら

その他のちいかわ100円均一商品のレビューはこちらのタグで確認できます。

created by Rinker
バンダイ(BANDAI)
¥5,973 (2024/06/16 23:06:54時点 Amazon調べ-詳細)

ちいかわ インテリアミニフィギュア4 概要

ちいかわ インテリアミニフィギュア4は、2023年8月に発売された商品です。価格は税込み110円。

インテリアミニフィギュアも第4弾まで来ました。
最初はちいかわとハチワレのみの表情違いだったのですが、第2弾でうさぎ、第3弾でくりまんじゅう、シーサーが追加。
今回(第4弾)ではラッコ、モモンガが加わっています。

上述の商品紹介に記載されている通り、キャンドゥなどの100円均一ショップで取り扱いされています。
私が確認している限りでは、キャンドゥのオンラインショップで検索してもちいかわ商品はヒットしません。
ワッツのオンラインショップではヒットするのですが、この記事を書いている時点ではインテリアミニフィギュア2、3のみが在庫にあるようです。

もちろん、ちいかわファンの聖地、ちいかわらんどでも販売されています(私はちいかわマーケットで購入しました)。

【ロット販売】 【12入】 ちいかわ インテリアミニフィギュア4

ちいかわ インテリアミニフィギュア4 レビュー

今回はちいかわマーケットで購入しています。
というのも、ちいかわらんど店頭で購入しようとしたのですが、お店に付いたときにはもう数個しか残っておらず、慌ててオンライン発注に切り替えました。

(これはこれでこのまま飾りたいくらいかわいい)

インテリアミニフィギュアのシリーズは、どれも三角錐型の個包装(端の色が毎回違う)。
第4弾は全8種類なのですが、まとめ買いの場合は12個セットのため、4個が重複する様になっています。

ラッコ

まずは新規参入のラッコから。
優しく頼もしい、大人の心を持ったキャラクター。ハチワレの「先生」でもあります。

手足のみ黒色で、身体の正面より少し横で腕組みをしています。

ラッコの身体と手足の色については、ナガノさんご自身が「よく考えたら全然ラッコの柄じゃない」と振り返っていたことがありました。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ナガノ(@ngntrtr00)がシェアした投稿

背中にはトレードマークの剣(鞘に収まっている)。

頭を拡大したところ。漫画ではふわふわしていそうな描かれ方をしている部分はどういう表現になっているかというと、なんか…ホイルバルーン(Google検索)…!

ラッコは表の顔(キリっとしている)と、一人でいるときの顔(甘いもの好き)があるので、今後表情違いのバージョンが追加されるかもしれません。

モモンガ

同じく新規参入のモモンガ。顔の中心の青い模様、眉間のしわなど、漫画と比較して違和感がありません。

もっこもこの尻尾。ぶどうの房を思わせるような形をしています。

モモンガの尻尾の形状をこの様に表現しているところは、以前ご紹介したハグコット2と似ている気がします。

シーサー

第3弾から登場したシーサーにも、早くも表情違いが増えました。

今回は「くやシーサー」の顔。

(関係ないけど、漫画の中でシーサーが勉強している「フロム・ザ・バレル」)

created by Rinker
フロム・ザ・バレル
¥6,320 (2024/06/17 03:36:44時点 Amazon調べ-詳細)

第3弾の時のシーサーはこんな表情(うれシーサー)でした。

顔の横のたてがみには、漫画よりも鮮やかな色味が使われている様に思います。

くりまんじゅう

シーサーと同じく、2回目の登場となるくりまんじゅう。
まるで1回目の登場と勘違いしてしまいそうなほどの「ふつう」な、清々しい様な表情をしています。

それもそのはずで、1回目の登場時の表情は、くりまんじゅうの代名詞とも言える「ハーッ」でした。

「ハーッ」となるのは強いお酒を飲んだときで、弱めのお酒を飲むときには「はーっ」になります。

後ろ姿。

未だにどの動物がモチーフかわかっていないくりまんじゅうですが、マーモットという可能性もあるような気がしてきました。

created by Rinker
アルタ(Artha)
¥418 (2023/08/29 01:18:10時点 Amazon調べ-詳細)

ちいかわ

ちいかわは今回寝そべりポーズのみでの登場。
この記事を夏に書いているせいかもしれませんが、舌を出した表情と、土台に使用しているアクリルブロックの形も相まって、氷の上で涼んでいる様にも見えます。

寝そべりポーズ自体は第3弾で登場していて、その表情違いです。

ハチワレ

ハチワレ。こちらもちいかわと同様の表情です。

下の画像は第3弾のときのハチワレ。ちいかわと同じく眠っている様な表情ですが、目の線が微妙に蛇行しているのが特徴的でした。

ハチワレ(生え変わり時期)

生え変わり時期のハチワレも、寝そべり姿で登場です。
(今回、ちいかわよりもハチワレの方が種類が多い)

生え変わり時期のハチワレ自体は、第2弾の頃から入っています。

生え変わり時期のハチワレの人気を受けてか、「スポーツ刈り」版も登場しているので、こちらもいつか種類に加わるかもしれません。

うさぎ

うさぎ。ちいかわ、ハチワレと同じく、舌を出した表情。

第3弾のときのうさぎ。ちいかわ、ハチワレと異なり、目を閉じた表情が用意されていない(白目しかない)ので、うさぎだけ目を開けています。
いつも元気なうさぎですが、実は表情が少ないので、こういったシリーズ物のときに数が増えにくいのかもしれません。

まとめ

ちいかわの100円均一商品、インテリアミニフィギュア4をご紹介しました。

第1弾のときはちいかわとハチワレだけだったインテリアミニフィギュアですが、第4弾だけでも7種類のキャラクターが登場する様になりました。
第4弾をコンプリートするだけでも十分に楽しめそうです。

ちなみに、全部集めると、すごいことになってきました。(欠けているものもあるかもしれない)

created by Rinker
¥1,089 (2024/06/16 17:50:13時点 Amazon調べ-詳細)

ナガノのくま・ちいかわ関連記事

ナガノさんデザインのゆるキャラ「志武士ししまる」(鹿児島県志布志市)

ちいかわ東京駅イベント

まじかるちいかわ(2022年)


ちいかわ観光ステーション(2022年)

東京ちいかわステーション(2021年)

ちいかわらんど

ちいかわカフェ(第1弾)

ちいかわカフェ第2弾(ちいかわ飯店)

その他ちいかわイベント

シーサー祭り!!! POP UP STORE(2023年)

マリオンクレープコラボ(2022年)

ちいかわ書店(2022年)

ちいかわ焼き(2021年~2022年)

MOGUMOGU食べ歩きくま

台湾編

週末いきなり北海道編

週末日帰り仙台編(宮城県)

横浜中華街編(神奈川県)

下町いいよね編(東京都)

お台場でカレーの名店編(東京都)

浅草編(東京都)

雪のスカイツリー編(東京都)

江ノ島散歩(神奈川県藤沢市 江ノ島)


高尾山(東京都)

番外編

りくろーおじさん

山本屋総本家

Nagano's characters展

自分ツッコミくま第1弾カフェ

自分ツッコミくま第2弾カフェ

  • この記事を書いた人

HN

キャラクター記事全般を担当しています。

-ナガノのくま・ちいかわ
-, ,